カテゴリ:レッスン( 136 )

パン教室で「フランスパン」イースト(パン酵母)について

a0165538_10141061.jpg
パン教室で、フランスパンを作りました。


今日習ったテーマは「イースト(パン酵母)」です。
これがなかったら、パンにはならない。
絶対、必要不可欠なものです。


この日、ワタシは、
これまでの自分の思い込みが間違っていて、
自分がイーストに対する偏見を持っていたことを知りました。


ある意味、衝撃のレッスンでした!




はい!
今日の比較レッスンは、
インスタントドライイーストと、セミドライイーストです。

同じ材料、同じ製法で、
イーストを変えて作り比べました。




今回のフランスパンレシピは、ポーリッシュ法。

水種と呼ばれるポーリッシュ種を使います。 ↓
a0165538_10143067.jpg
ポーリッシュ法で作ったパンは、
気泡がきめ細かくなり、クラストは薄くなるのが特徴です。

ぼっこぼこのクラムにはなりませんが、
クラストが軽やかで、ソフト。
日本人に好まれるフランスパンになりますね。



まず、ワタシが思っていた大きな勘違い。


インスタントより、セミドライの方が、
ふっくらとして、いいパンが出来ると思ってました。

だって、セミドライには、
インスタントの方に入っているビタミンCが入ってないし、
よりナチュラルで、香りもいいのかなって。
きっとセミドライの方がいいイーストなのよって。



初めてパンを作るヒトは、インスタントから入りますよね。

パン作りにハマっていくと、セミドライに手を出す。
そして、ワタシがそうであったように、
自家製発酵種の世界に、足を踏み入れる。

いつしか、
インスタントなんて、もう使わないわよ的な思考に。



でも違うんですね。
インスタントドライイーストの素晴らしさを突き付けられ、
動揺しました(笑)。



クープを入れたところ。↓
a0165538_10144893.jpg
こちらはインスタントドライイーストで仕込んだ生地。
適度なぷりぷり感があって、扱えないこともない。





こちらは、セミドライイーストの生地。 ↓
a0165538_10150070.jpg
これが、もう、ほんっとにベタついて!!!
ワタシは普段、イーストを使うときは、
セミドライイーストなんですが、
インスタントと比べた時の生地の弾力の違いにびっくり。




他の生徒さんたちと一緒に布取り。↓
a0165538_10143894.jpg
上手く焼けるかドキドキね~。




そして、焼き比べ。
a0165538_10132094.jpg
違いは明らか。
インスタントの方がボリューミー。
クープも元気です。
ここまで違うとは!!!!





断面。↓
a0165538_10154291.jpg

そして。↓
a0165538_10153982.jpg
インスタントの方が、生地が持ちあがっていますね。


セミドライより、インスタントの方が、ふっくらしたパンになるんだ~!




パンの香りについて話が及んだ時、
発酵臭は、ほぼ同じという驚き!!!

発酵による香りは、パンのおいしさでもあります。
インスタントだからと言って、劣るわけではないんですね。

違うのは、イースト臭。(発酵臭とイースト臭を混同していたワタシ)
セミドライの方が、香りが少ないけれど、
もともと、サフ社のものは香りが穏やかなので、
インスタントだからイースト臭が強い・・・、
ということでもないみたいです。





他にも、チーズフランスも。↓
a0165538_10154697.jpg


中にもまき込んでいます。 ↓
a0165538_10154967.jpg




大山ハムのベーコンを使って、エピ~! ↓
a0165538_10155242.jpg
めっちゃ贅沢でおいしい~!
クープを開かせる必要のないエピは、
気楽に作れそう~(笑)。




酒種やホップ種にばかり目を向けていたけれど、
イーストの良さにも、しっかり注目したいなと思いました。





自家製発酵種の危険性についても少しお話が。
病原菌も一緒に培養する可能性・・・という怖いお話でした。
それ、前に本で読んだわ、そういえば。




考えさせられるレッスンでした。








今日も、見てくださって、ありがとうございます!

フランスパン美味しそう!って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



a0165538_09283210.jpg




by takacoco7 | 2019-03-08 11:34 | レッスン | Comments(2)

パン教室で「山芋のフォカッチャ」と「そば茶のパンナコッタ」

a0165538_09420838.jpg
「山芋のフォカッチャ」!

先日のパン教室で、
あおさ海苔のチャバタと一緒に習いました。



テーマは、
「日本の食材でイタリアのパンを焼く」!

今日の和食材は山芋です~。(*´▽`*)



こね上がった生地。 ↓
a0165538_09424546.jpg
どろどろ~~~(笑)。

今回は長芋を使ったんですが、
水分が結構出ますから、その分を換算すると、
加水は80%くらい。
ほっほーう(*´ω`*)



たらんたらんで、成形できませんから、
型に入れて焼きます。

今回は、天板で大きく~♪ ↓
a0165538_09425926.jpg
長芋の粒感が、存在感を放つ~♪


トッピングにチーズをのせるんですが、
こちらはイタリアのチーズ「ペコリーノロマーノ」使用。
なんか、名前がカワイイ~♪(*´▽`*)

羊の乳から作られているそう。
塩気が強くて、おいしい~~~!


クラムは、大小の気泡がランダムに入り、
ちょっと粗い感じになります。
ふわっふわ~~♪ ↓
a0165538_09421470.jpg
長芋が、ところどころで、しゃくっと!
すっごく美味しい~!
隠し味のしょうゆもイイですね!(*´▽`*)


長芋の味はしません。
もともと、あんまり味しないよね。(そんなことない?)
独特のふわっと感と、しっとり感が楽しめますよ。



そして、デザートは、
「そば茶のパンナコッタ」。↓
a0165538_09430232.jpg
ほうじ茶のスイーツはときどき見かけますけど、
そば茶って、珍しいですよね~。

クリーミーな味わいの中に、
そば茶の香ばしさがしっかり存在していて、
とってもおいしい~~~!
しかも簡単(笑)。





よーし!そば茶、買って来よう~!



と思ったら、またしても、近所のスーパーにない!
ちょっと大きなスーパーに行かないとダメ?

そば茶を置いてるスーパーには、あおさ海苔もあるかな。



材料、ゲットして、絶対作りまーす!







今日も、見てくださって、ありがとうございます!

フォカッチャもパンナコッタもおいしそう!って思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓


a0165538_10551656.jpg






by takacoco7 | 2019-02-25 09:56 | レッスン | Comments(0)

パン教室で「あおさ海苔のチャバタ」

a0165538_10033860.jpg
「あおさ海苔のチャバタ」!

ワタシが普段、
製パンの理論を習っているパン教室では、

「ムズカシイ(?)理論を学び、比較実験をして確認する」
というレッスンだけじゃなく、
「おいしいパンを作って楽しもう~♪」というレッスンもあって、
(一般的なパン教室は、こういうレッスン内容よね)
初めて参加してきました。




今日のテーマは、「日本の食材を使ってイタリアのパンを焼く」!

2種類パンと、デザートをひとつ、習ってきました。




まずはチャバタ~。




生地にあおさ海苔がふんだんに練り込まれています!↓
a0165538_10042356.jpg
あおさ海苔~!?
パンに海苔~~~~~?????
初めてです~(*´▽`*)

もう、こねてる時からいい香り。
見た目、草餅みたいですけどね(笑)、
香りは草じゃなく、磯の香りです~。(そりゃそーだ)




スリッパ、という意味のチャバタ。
平べったい、シンプルな食事パンです。

成形は、広げて切るだけ。 ↓
a0165538_10040907.jpg
フランスのパン、リュスティックと似てますが、
チャバタにはオイルが入るので、生地に伸展性があり、
クープを入れなくても裂けません。

切り落とした端っこも、丸めて無駄にはしませんよ。


ホイロ中~↓
a0165538_10110413.jpg
待ってる時間も楽しいのが、パン作り♪



このパンは、
どんなお料理に合うんですかと先生に尋ねたら、

あおさって海のものですからね、
合わせる料理は、やっぱり海のものが合うらしくて。



「ペスカトーレとか、
アクアパッツァなんかが合うわよ」と。



そんなオサレなの、家で作ったことなーい!(;''∀'')


料理も習いに行かなきゃならんのか!(爆)







焼きたてが少し落ち着いたら、
いただきまーす! ↓
a0165538_10034472.jpg
えええーーー!?!?
すんごく美味しい~!
なにこれ、あおさ海苔ってすっごく美味しい!


お恥ずかしながら、
あおさ海苔って馴染みがなくて、買ったこともなく、
外食で食べたことあるかもしれないけど、よく覚えてない。
そんな存在だったんですけど、
めっちゃ美味しいんですね!

使用したのは、これでした。 ↓

お味噌汁に入れても美味しいんですって!(*´▽`*)
早速、ゲットしなくては~♪



と思って、近所のスーパーに行ったら、ない!
こっちのスーパーにも、ない!
うっそ~~~ん(*''ω''*)




お友達に聞いてみたら、
フツー、このへんじゃ売ってないわよ、
あおさ海苔はお土産でもらうものよ、と言われちゃった。

そうなの?








今日も、見てくださって、ありがとうございます!

あおさ海苔のチャバタおいしそう!って思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



ルミさんの動画レッスンを体験して思いました。
これ、ほしい~~~!!!! ↓
a0165538_09285468.jpg




by takacoco7 | 2019-02-23 09:34 | レッスン | Comments(0)

パン教室で「イングリッシュマフィン」水について

a0165538_08382272.jpg
イングリッシュマフィン♪
パン教室で習ってきました。

これまでも何度も作ってきたイングリッシュマフィン。
それって、「なんちゃって」だった・・・、
ということを知りました~。


本当のイングリッシュマフィンは、
加水がかなり多く、でろーんでろん生地。
丸めて成形するなんてムリなのですね~。

つまり、ガスを抜く、なんてのも出来ませんから、
クラムは大小の気泡がランダムに入ります。↓
a0165538_08382684.jpg
ほにょんほにょんすぎてナイフが入らず、
断面に段々が付いてしまった~。(*´ω`*)



今回のレッスンのテーマは「水」でした。



一見、同じように見える水ですが、
pHや硬度など、色んな性質がありますね。



弱酸性水、中性の水道水、アルカリイオン水で、
パンにどんな影響が出るのかを学びました。



理科の時間にやったよね~。↓
a0165538_08390408.jpg
左が酸性、真ん中は中性、右はアルカリ性。
手前の列は、水、
上の列は、水に紫いものフレークが入っていて、
アントシアニンの色素を添加しました。
うわ~~~~、こんなに顕著に違いが出るんですね。



出来上がったパンはこんな感じ。↓
a0165538_08383292.jpg
こねているときは、色の違いがわかったんですけど、
うーむ、焼いてみたらクラムの色に大差ない感じ?

生地のベタつきなども違っていました。




また、大阪の水道水の硬度は44だそうで、
もっともパン作りに適していると言われる、
50~120に近いですね♪

驚いたのは、地域によってかなり差があるということ!
愛知県は水の硬度が26!!!
ちょっとパン作りしにくいのかしら???



水の性質って、あんまり注目してこなかったけれど、
パンの材料の中で、
小麦粉の次に多いのが、水です。
どんな水を使っているのかで、影響は大きいんですね。



持ち帰ったイングリッシュマフィン。



早速サンドに~。 ↓
a0165538_08381555.jpg
目玉焼きとスクランブルと迷いに迷って(笑)、
スクランブルに~♪


すんごいしっとり!
吸水85%を超えてますから、
その、もちもちしっとり感は半端ないです!(*´▽`*)


酢が配合されtれいて、
こねてる時、すんごく酸っぱくて酸っぱくて、
どんなパンになるのやら、心配でしたけど、
香りは飛んで、全く酢の存在はありませんでした。


こんな美味しいイングリッシュマフィンは初めて!
今までのはなんだったのか~。



恐ろしくドロドロですけど、
自宅でも作ってみたいです♪




今日も、見てくださって、ありがとうございます!

お水もいろいろなのね~マフィンおいしそう~って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



ワタシも買おうかなぁ~。↓
a0165538_09035948.jpg





by takacoco7 | 2019-02-12 09:08 | レッスン | Comments(2)

ゴマクロサロンで、マルカワみそ教室

a0165538_09331757.jpg
はーい!お味噌、作りますよ~(*´▽`*)

有機栽培の白米麹、モンゴルの湖塩、大豆。
大豆は北海道アグリシステムのゆきほまれ。


え?アグリシステム????
小麦粉でお世話になっているアグリシステムさん?
そうですか、大豆もあるんですね~。



先日、京都のゴマクロサロンで行われた手作り味噌教室。
マルカワみそさんが講師に来られると聞き、
参加してきました。


マルカワみそといえば、
昨年、サンダーバードに乗って、
遥々、福井県まで習いに行った、有機味噌の老舗。
その時のお話は、こちら。 ←長いです笑


お味噌屋さんとしては珍しく、
蔵で麹菌を自家採取し、麹も作っていらっしゃいます。



講師は、河崎紘徳(かわさきひろのり)さん。↓
a0165538_09332285.jpg
味噌愛にあふれた、爽やかで楽しい方です。
(顔出し了解済みです)



袋の中で、大豆をつぶす~。 ↓
a0165538_09332509.jpg
結構、重労働・・・・かと思ったけど、
出来高1キロ仕込みで少ないので、楽勝~♪



塩きり麹に、つぶした大豆を合わせます~。↓
a0165538_09332910.jpg




今回は、量が少ないので、袋に詰めましたよ。↓
a0165538_09333219.jpg
おおおーーー、タッパー容器じゃなくてもいいんですね。





左は、紘徳さんが持ってきた、
10ヶ月熟成の、完成したお味噌。
右は、仕込んだばかりのもの。↓
a0165538_09333573.jpg
こんな色になるまで、おうちで保管します~。




昨年のレッスンは、初めての味噌づくりだったので、
何がわからないのかが、わからない(笑)。
分からなさ過ぎて、疑問や質問も浮かばず。



でも、一度経験し、自宅でも作ってみたら、
え?これどうするの?茹で方は?皮は?消毒要るの?
疑問がいっぱい。

今回は、その疑問を投げかけてみましたら、
丁寧にすべて答えていただき、スッキリ解決~。
紘徳さん~、ありがとうございました~。





今回は、山田製油さんとのコラボレッスンでしたので、
ごまを使った、ごま味噌のレシピも習いました。↓
a0165538_09333971.jpg
にんじんにのせて食べたら、
もう!美味しすぎる~!(*´▽`*)
これ、簡単に作れるので、我が家でも常備したいと思います。





おまけ。


京都御池(おいけ)に行ったら、
外せないのが、これ。↓
a0165538_09334296.jpg
喫茶マドラグの、コロナの玉子サンドイッチを
食べに行きました!

ふわふわのたまご。
うは~~~ん♡
お腹いっぱい♪



オトナの遠足、
京都御池のお味噌づくりの旅。
大満足でした~。





今日も、見てくださって、ありがとうございます!

お味噌の完成、楽しみだね~って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓


a0165538_09290444.jpg





by takacoco7 | 2019-02-10 10:09 | レッスン | Comments(2)

パン教室で「酵母クッキー」と「クロックムッシュ」

a0165538_10031529.jpg
「酵母クッキー」♪


ベーキングパウダーなどの膨張剤は使用せず、
酵母のチカラでつくる、ドロップタイプのクッキーです。




まだ酵母がたくさん残ってるのに、
日数が経ったから、鮮度を保つために継ぐ・・・・。

あるのに継いじゃって増える、
使ってないのに継いじゃって増える・・・。


自家培養酵母あるあるですね。(*´ω`*)



残っちゃって、
あーー、使わなくちゃ。
冷蔵庫開けるたびに、酵母と目が合う。
酵母からの無言の圧力を感じる・・・・・・。(;´Д`)
早よ、使って~と酵母が言う。(←無言ちゃうやん)

でも、パンを焼く時間がないのよ。





そんな時は、クッキー作っちゃおう~!(*´▽`*)



プレーンと、チョコ入り。↓
a0165538_10033775.jpg
レッスンでの様子です。


生地を合わせたら、発酵させます。
酵母が発酵することによって生まれる旨味が、
クッキーの味わいを、より美味しいものにしますね。



生地は手でちぎって、天板へ。↓
a0165538_10034097.jpg
ちぎった面が、ぎざぎざに粗くなるので、
それを上に向けて置きます。
表面積を増やして、火のとおりをよくするためです。




ざくざく・・・・?
いや、硬くはない。ザクザクって感じじゃないわ。
さくほろ~、かな。↓
a0165538_10032308.jpg
焼き加減にもよるんだろうけど、
中心部分が、ほんの少ししっとりしてて、
それもまた、おいしい~!


酵母クッキーって、おいしいね~。
サッと合わせてパッと焼くのと違って、
なんだろう、口に含んだときに、
ほのかに酵母の存在感があって、これがおいしい!





しかし、なんですな。
酵母が余って困った時に、クッキー作るといいのよ、
と聞いたけど、
このレシピ、酵母5gしか使わないんですけどーっ!!!(笑)
減らん~、全く減らん~、(´Д⊂ヽ
もう、飲むしかないのかっ!?(むりーーーーー)





そして、
この日は、クロックムッシュも!↓
a0165538_10330438.jpg
酒種の食パンに、
手作りのホワイトソース。


このホワイトソースがね、
今までワタシが知ってた作り方とは違っていて、
粉にしっかり火を通す、とってもおいしいレシピだったんです!
目から鱗とはこのことか!!!(*´▽`*)
ちょーーおいしい~♪



そして、今回の酒種食パンのレシピ、
昔、習った酒種山食と、
ちょっと配合が変わっていて、進化してる!!!
このレシピでも焼いてみよう~!!!
わくわくする~!




いただきまーす!↓
a0165538_10034739.jpg
あはは~~~ん♪
美味しすぎて、悶絶~!(*´▽`*)




今回も楽しいレッスンでした。
早速復習しよう~♪




今日も、見てくださって、ありがとうございます!

酵母クッキーもクロックムッシュもおいしそう~!って思ったら
クリックしてイイねの応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



マンディアン特集! ↓
a0165538_09290444.jpg





by takacoco7 | 2019-01-27 09:36 | レッスン | Comments(0)

パン教室で「ショコラパネトーネ」

a0165538_17482003.jpg
「ショコラパネトーネ」

先日、パン教室で習った、
酒種仕込みのパネトーネです。




油脂が多くて、超リッチ!
こんな重い生地でも、酒種ならしっかり上がる~!(*´▽`*)




これはレッスンで焼いたもの。↓
a0165538_17482559.jpg
どっしりしてるように見えるけど、
口の中でとろけて、生チョコ食べてるような贅沢感。

シアワセ~~~!(*´▽`*)




発酵バター、たっぷり。
ガナッシュも、たっぷり。
ココアもね。

普段、凝ったお菓子作りはあんまりしないワタシ。
ガナッシュを作るという時点でハードル上がるけど、
やってみたら、難しくはないんですね。
問題は、生クリームは家に常備してない・・・、
ということくらいか(笑)。





ケーキのような配合だけど、
パネトーネって、パンなんでしょうかね?
いつも思うわ。
発酵菓子?
いや、やっぱりパン?








持ち帰った宿題生地、
早朝3時半(夜中ともいうべきか)、冷蔵庫から出し、
室温にゆっくり戻す。
加温するとバターが分離するので、ゆっくり、ゆっくり。


朝6時、パンチ。


7時半、成形。↓
a0165538_17483389.jpg




ホイロ後、こんなふうにふっくら上がったら、↓
a0165538_17483838.jpg
小さくクープを入れます。
ハサミで、ちょっきん、ちょっきん。



バター乗せて、焼きます~。 ↓
a0165538_17484027.jpg
こげないように、じっくりと。
オーブン温度計で、実測しながら。




うっわー!なんか、割れてる~! ↓
a0165538_17484483.jpg
すんごく元気に、もりもりしてしまったけど、
これってダメなのかしら???


家中がチョコの香り。
くんくんくん・・・・・すーはーすーはー、
たまらん~~~~。
もう換気したくないね。一生ね。




切ってみよう~。 ↓
a0165538_17485077.jpg
かたまりで入れたクーベルチュールが、
あちこちで存在感を放つ。
チョコのくどさを一掃するようなオレンジピールの香り。
た、たまらん♪(何回言うねん)


すんごく濃厚。
一切れずつ、大切にいただこう~。



このレッスンでは、
他に、酵母クッキーなども習いました。
余ってしまった酵母の消費にいいよね!

そのお話は次回~!




今日も、見てくださって、ありがとうございます!

ショコラパネトーネおいしそう!って思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、イイねの応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



ラッピングに使ってみたい~! ↓
a0165538_09480624.jpg





by takacoco7 | 2019-01-25 09:25 | レッスン | Comments(0)

パン教室で「スナックパン」油脂について

a0165538_09175042.jpg
スナックパン~♪

どうやっても、おいしそうに撮れない(笑)。
にょろにょろ写真になってしまったけど、
おいしいのよ~。(説得力ゼロ)

チョコ、くるみ、黒ごま。
それぞれフィリングを変えて。



いや、それがテーマなのではなく。




今回習ったテーマは、「油脂」です。


フランスパンなどのハード系を除けば、
ほとんどのパンに、油脂が配合されていますね。

バターやショートニングなどの固形油脂と、
太白ごま油などの液体油脂の違い、
特徴や注意点を学びました。



油脂だけを変えて仕込んだ比較パン。 ↓
a0165538_09175846.jpg
意外にも、太白ごま油が一番、背が高くなりました。
もちろん、型の大きさや生地量は同じです。



翌日に撮ったので、ちょっとわかりにくいけど、
太白ごま油のパンが、
一番、しわが寄りませんでした。↓
a0165538_09180806.jpg
へなへな、しなしななのは、ショートニング仕込みのパン。




断面は~? ↓
a0165538_09181177.jpg
一番ふわふわそうに見えるのは、バター仕込みのパン。
太白ごま油のパンは、下部に詰まりが見えます。
香りが良いのは、バター仕込みのパンですね。


食感として、さくみがあるのはショートニングでした。
しっとり感が強く、
よくいえばもっちり、わるくいえばもっちゃりして団子状になる、
そんな食感は太白ごま油。
でも、さっむーーーい部屋に置いてても、
生地が締まってパサつくことがないのも太白ごま油。


それぞれに特徴があって、面白い~。





液状の油は、ミキシング時に、こんなことに! ↓
a0165538_09182846.jpg
滑って馴染まず、混ざらない!
生地がちぎれてバラバラになり、するすると滑り合って、
これ、一生混ざらないんじゃないかと心配するくらい!



ミキシングに相当、時間がかかりますが、
混ざりました(笑)。
よかった。(*´ω`*)




昔から、パン業界では、
「液状油脂を使うという」という概念はありませんでした。
固形油脂を使うに決まってんじゃん、みたいなね。

でも、バター不足が深刻化して、手に入らなくなったとき、
仕方なく(?)液状油脂を使ってみたら、
あら、結構イケるじゃない!となったそうで。(*´▽`*)

食べた時の食感、ワタシ、好きです~♪



それぞれの特徴を知り、
目指す仕上がりに近いものを
上手にチョイスできたら、
パン作りがもっと楽しくなるな~って思ったレッスンでした。




今日も、見てくださって、ありがとうございます!

油脂によってもパンの仕上がりが変わるのねって思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



ワタシも愛用しています↓
a0165538_09581950.jpg






by takacoco7 | 2019-01-14 10:19 | レッスン | Comments(0)

パン教室で「ベリーのシュトレン」と「豚ひき肉のムース パイ包み焼き」

a0165538_09024182.jpg
「ベリーのシュトレン」(*´▽`*)
すっごく可愛い色でしょう~?
キュンキュンしちゃうよね。

新麦のリュスティックと一緒に習ったのは、
このシュトレンです。
ピンクのシュトレンって、初めて見たかも。





濃いピンクの元になるのは、フワンボワーズ。↓
a0165538_09030119.jpg
パウダーを入れています。
甘酸っぱい、フルーティな香りに、ほっこり♪
ピスタチオや、ドライいちごも満載ですよ。




焼き上がった時は、赤いナマコですけども(笑)。↓
a0165538_09033969.jpg
相当リッチな配合ですけど、
お酒が入っていないので、そんなに長く日持ちしないんだそう。
数日寝かせたら、サクサク食べちゃおう~。
ちょうど、お正月に食べるのがよさそうです。

2本焼いたので、
1本は、お年賀に差し入れする予定です。






クリスマスや年末年始のおもてなしに合いそうな、
豪華で美味しいお料理も習いました。


豚ひき肉のムース パイ包み焼き。↓
a0165538_09030634.jpg
パイ包み焼きっていうだけで、御馳走感がスゴイ~。
他の生徒さんみんなで手分けしながら、
パイの折り込みもしました。
パン生地と違って、縮まないので、パイの方がラク。


ロースのスライスをずらしながら広げ、↓
a0165538_09030946.jpg
フードプロセッサーで合わせたムースを載せて、
巻きます。


これをパイで包むんですよ。
工程は多いけど、楽しい~。



塗りたまを塗ったら、お箸で空気穴をぷすぷす。 ↓
a0165538_09043568.jpg
ワタシ、オーブンの中が油ギッシュになるのがイヤで、
オーブンでお肉料理って、しないんです(笑)。
庫内に飛び散った油が、焼き固められて、
掃除しても取れないでしょう?


でも、これならパイで包んでいるので、
油が飛び散ることもなく、
料理後の掃除も簡単♪
気軽に作れそう!(そんな理由!?笑)




後光が差した、神々しいランチ(*´ω`*) ↓
a0165538_09032954.jpg
湯気もご馳走♪
なんだかこの写真、メインがお茶ですけども(爆)。


ちなみにパイ包み焼きに添えたソースが、
ザ・本格フレンチ!という味わいでして、
あまりにも美味しかったので、
材料揃えちゃおうかしら、と思案中です。


今年も、レッスンに参加するたびに、
新しい学びがあり、出合いもあり、
とても勉強になりました。




来年も、パンにまつわる知識や技術を、
楽しく、しっかり、学びたい。




さて、今年もあと二日。
今から仕事です、がんばるよ~~~~。




今日も、見てくださって、ありがとうございます!

シュトレンもパイ包み焼きもおいしそう!って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓


a0165538_09225265.jpg










あんこさんに質問を送ろう~!↓
a0165538_09243300.jpg





by takacoco7 | 2018-12-30 09:28 | レッスン | Comments(0)

パン教室で「新麦のリュスティック」

a0165538_09405301.jpg
「新麦のリュスティック」!!!
クリスマスイヴの日に、パン教室で習ってきました。



とかち小麦ヌーヴォー「スム・レラT70」を使って、
レーズンエキスの液種で作ります。
小麦の旨味を最大限に引き出すため、
あえて、発酵に時間のかかる、レーズン種ストレートで。
じっくり、ゆっくり、発酵を待ちます。




スム・レラT70という粉。
蛋白 10.8±1.0% 灰分 0.73±0.10%
北海道十勝産小麦「ホクシン」のみを使用し、
加工適正を低下させる硬い外皮のみを取り除いて石臼挽きにした小麦粉です。


一般的に、小麦は収穫後、
一定の期間をおいてから、製粉、出荷されます。


お米界で新米がもてはやされるように、
近年では小麦も、
収穫したてのレッシュな小麦を使って、パンを焼こう!
という動きがあるんですね。(*´▽`*)


スム・レラは、通年、買えますけれど、
新麦の、今、この時にパンを作る・・・ということに
意味があるようです~。




生地はとろんとやわらかいけど、
どろどろ、でろでろ、ひえ~~~~~!(;´Д`)
っていうほどではないらしい。

ワタシにとってはじゅうぶん、でろりんちょでしたけど。↓
a0165538_09424978.jpg
成形は、対辺を突き合わせて、終わり。
なるべくいじらない。






こちらは、レッスンでの焼成の様子。 ↓
a0165538_09424057.jpg
粉をふって、クープ。
じわじわ、上がってきていますね~。(*´▽`*)




持ち帰ったリュスを切ってみる~♪ ↓
a0165538_09405767.jpg
あは~ん♡たまらん!
茶色いクラム、不均一な気泡、キラキラの気泡膜。
そして、いい香り~。





レッスンでは、他にもシュトレンを作りました。↓
a0165538_09411523.jpg
こちらは、フランボワーズを使って、
ピンクに仕上げた、可愛いシュトレンです。





このお話は、次回~!





今日も、見てくださって、ありがとうございます!

新麦のリュスティックおいしそう!って思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓


a0165538_10195855.jpg




by takacoco7 | 2018-12-28 10:25 | レッスン | Comments(0)