人気ブログランキング |

カテゴリ:レッスン( 155 )

パン教室で「うずまき食パン」ホイロについて

パン教室で「うずまき食パン」ホイロについて_a0165538_17425151.jpg
うずまき食パン~♪
かわいいねぇ、目を細めてしまうね。(*´▽`*)

パン教室で習ってきました。
今回のテーマは、「食パンのホイロ」です。
2次発酵、最終発酵のことですね。


食パン3本の比較、
ホイロが不足だったもの、適正だったもの、行きすぎたもの。
それぞれ、どんな風に仕上がったのか。



まずは、
まだホイロが完了していない、この段階で焼きます。↓
パン教室で「うずまき食パン」ホイロについて_a0165538_17433495.jpg
生地の一番高いところが、型のふちまで届いていません。
生地が若い状態ですね。



クラムは、こう。 ↓
パン教室で「うずまき食パン」ホイロについて_a0165538_17430026.jpg
全体的に詰まってる~(´Д⊂ヽ
うずまきの模様は、メリハリがあるけれど。




ホイロがちょうどいいのは、この段階。 ↓
パン教室で「うずまき食パン」ホイロについて_a0165538_17434281.jpg
型より、ちょっぴり、頭が出てます。


クラムは、こうなります。 ↓
パン教室で「うずまき食パン」ホイロについて_a0165538_17430443.jpg
気泡は縦に伸びて、全体的にふっくら♪






ここまでくると、ホイロオーバー。 ↓
パン教室で「うずまき食パン」ホイロについて_a0165538_17434536.jpg
ぽよんぽよんです。(;''∀'')
ぷるぷる揺れます~。




クラムは~。 ↓
パン教室で「うずまき食パン」ホイロについて_a0165538_17430750.jpg
ちょっと荒々しくなりますね。
意外と大きく伸びてよさげに見ますが。




下が、かなり詰まってきますね。 ↓
パン教室で「うずまき食パン」ホイロについて_a0165538_17431331.jpg
潰れてる~。かわいそう~(ノД`)・゜・。



ハッと気づくと、オーバー・・・・なんてことも、
たまにやらかしてしまうんですけど、
やっぱり、ジャストなタイミングで焼いてあげたい。

ここに来るまで、
ミキシングから1次発酵、成形など、
気を使って丁寧に作業しているのだから。



ちなみに、今回のうずまき食パン、
カワイイだけじゃなく、お味も最高においしい!

食パンは、
ビジュアルのインパクトや、可愛さを求めない派なんですが、
(あくまでもシンプルな正統派が好き)

あまりにも美味しかったので、
可愛いから、見栄えがイイから、じゃなくて、
おいしいから、
自宅でも作りたいって思いました。


2種の生地を仕込む手間はあるけどね~。(*´ω`*)




毎回、工程の違いを学び、
温度や時間が、いかに大切かを、
強く、感じます~。

さ!
今日も、
パン生地が一番快適に思う環境を作ってあげよう~。





今日も、見てくださって、ありがとうございます!

うずまき食パンおいしそう!って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
パン教室で「うずまき食パン」ホイロについて_a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



パン教室で「うずまき食パン」ホイロについて_a0165538_18514620.jpg





by takacoco7 | 2020-01-16 10:00 | レッスン | Comments(0)

パン教室で「抹茶のシュトレン」と「ビーフストロガノフ」

パン教室で「抹茶のシュトレン」と「ビーフストロガノフ」_a0165538_10152326.jpg
「抹茶のシュトレン」!!!


昨年末のことですが、
パン教室で習ってきました!(*´▽`*)




酒種で仕込む、「和」のシュトレン。
栗の甘露煮、大納言あずきや黒豆が、
たっぷり入っています。
お年賀として作るのもイイですよね~。



こんなちょっとの生地に、
どんだけフィリング入れるねーん!というバランス。

成形、まとまらんわ!(*''ω''*)





成形時、栗の甘露煮を置く向きを、
あんなに先生が注意なさっていたのに。



どうして、縦になっているのか。(;´Д`) ↓
パン教室で「抹茶のシュトレン」と「ビーフストロガノフ」_a0165538_10152627.jpg
おかしいなぁ。(*´▽`*)はははははは






ほんのりした抹茶の苦味を感じつつ、
栗やお豆の、ほっこり、まったりした甘さ。

あぁ、これは、コーヒーじゃなくて、
ほうじ茶、いや、煎茶かな。(*´ω`*)





そして、ご紹介が遅れましたが、
この時のレッスンは、クリスマスレッスンでしたので、
ランチも豪華でした♪



ビーフストロガノフ! ↓
パン教室で「抹茶のシュトレン」と「ビーフストロガノフ」_a0165538_10154326.jpg
うっは~、ワタシ、ビーフストロガノフって初めて!


これまで食べたことがあるストロガノフは、
ストロガノフじゃなかったようです!!!衝撃。


ハヤシライスとどう違うのかと思っていたら、
全くベツモノでした。
恥ずかしい~~~~(*´Д`)




この黄色いピラフがね、
すっごく美味しくて!!!

炊飯器で簡単に炊けるようなので、
今度作ってみます!
スパイスカレーとかにも、合いそうよね~。





今日も、見てくださって、ありがとうございます!

抹茶のシュトレンおいしそう!って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
パン教室で「抹茶のシュトレン」と「ビーフストロガノフ」_a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



パン教室で「抹茶のシュトレン」と「ビーフストロガノフ」_a0165538_11064752.jpg





by takacoco7 | 2020-01-05 08:59 | レッスン | Comments(2)

パン教室で「フルーツブレッド」

パン教室で「フルーツブレッド」_a0165538_09015609.jpg
フルーツブレッド!

酒種で仕込む、ヨーグルト入りの、香り高い生地。
そこへ、ラム酒で漬け込んだドライフルーツが、
あれも、これもと、贅沢に入っています♪




パン教室に行ってきました~(*´▽`*)
暮れが押し迫った忙しい時期ですが、
大掃除もせず、年賀状も作らず(笑)、
はい、お勉強ですよ。(お遊びともいますか?)



持ち帰った宿題生地は、
ちょうどよい容量の型がなかったので、
ミニ食パン型2本で焼くことに!!!




中生地、皮生地ともに、2分割して、
成形~。 ↓
パン教室で「フルーツブレッド」_a0165538_09020021.jpg
ここまでフィリングが多いと、
絶対、表面に出まくるので、(;´Д`)
皮生地で包むのが正解ですよね。
型にもくっつかないし。


ホイロ、スタート~。↓
パン教室で「フルーツブレッド」_a0165538_09020415.jpg




ここまで上がったら、焼きまーす! ↓
パン教室で「フルーツブレッド」_a0165538_09020729.jpg
初めだけ、スチームを入れて。





焼き上がり~!(*´▽`*) ↓
パン教室で「フルーツブレッド」_a0165538_09021082.jpg
いい香り~!
フルーツとお酒の芳醇な香りと、
酒種の発酵の香り。
た、た、たまらん!!!(*´▽`*)




このレッスンにご参加の皆様は、
気付かれましたね?(;´Д`)




打ち粉忘れたーーーーー!!!



焼く前に、粉をふろうと、
粉ふり、出しておいたのに!!!
それなのに忘れるって、どうよ。(-"-)






こちらはレッスンで焼いたもの。
白いお化粧が可愛い。 ↓
パン教室で「フルーツブレッド」_a0165538_09021911.jpg
粉をふると、クラストもやわらかく焼き上がるので、
やっぱり、忘れちゃダメよね。


フルーツは、オレンジ、アプリコット、いちじく。
プルーンにサルタナ、レモンピール。

細かく切ったものと、ペーストにしたものと、
両方を生地に練り込んでいますから、
カットしたものは、噛んだ時のアクセントに、
ペーストのものは、練り込まれて、味わいとうまみ、
見た目のマーブル模様になっています。


おいしい~~~、これホントにおいしいです!(*´▽`*)


酒種継いで、おうちでも作ろう~♪



クリスマスレッスンでしたので、
シュトレンも習いました。

只今、熟成期間中なので、
晴れて解禁し、断面写真を撮ったら、
またご紹介しますね!






今回で、2019年の学びは終了です。
今年も、実に深い、パンの世界にどっぷり浸かりました。

「ちゃんと作る」ということが、とても大事だと痛感し、
発酵器や、キッチンエイドミキサーを導入、
温度管理やミキシングに気を使いながら、
おうち製パンの中でのクオリティを追求しました。

まだまだ、知りたいことがいっぱい。
まだまだ、わからないことがいっぱい。

来年も、がんばろ!





今日も、見てくださって、ありがとうございます!

フルーツブレッドおいしそう!って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
パン教室で「フルーツブレッド」_a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



パン教室で「フルーツブレッド」_a0165538_09304144.jpg



by takacoco7 | 2019-12-27 09:33 | レッスン | Comments(2)

パン教室で「クロワッサン」デニッシュ油脂折り層の違いについて

パン教室で「クロワッサン」デニッシュ油脂折り層の違いについて_a0165538_09560298.jpg
クロワッサン!!!!


油脂の折り込み、習ってきました。
ちょー苦手分野です!(;´Д`)


折り込みが苦手でウマく出来ないのに、
層の数による違いを検証するなんて、
折り込みができる前提なんですから、
もう、テンパってしまって!(笑)

しかも部屋が寒い~、17℃~。
末端冷え性のワタシ、指先が氷だったわ~。(;´Д`)
(ヒートテック、役に立たず)





先生の指導のもと、なんとか折り込みをこなす!

こんなに焼きあがりの違いが出るなんて。↓
パン教室で「クロワッサン」デニッシュ油脂折り層の違いについて_a0165538_09561088.jpg
わかりにくい?



これだと、一目瞭然。↓
パン教室で「クロワッサン」デニッシュ油脂折り層の違いについて_a0165538_10083108.jpg
高さがボリュームが違いますね。
そして、4つ折り2回の方は、
もう、剥がれまくりで、ボロボロです。



内層~。↓
パン教室で「クロワッサン」デニッシュ油脂折り層の違いについて_a0165538_09562745.jpg
サックサク~♪




こちらは~。 ↓
パン教室で「クロワッサン」デニッシュ油脂折り層の違いについて_a0165538_09563367.jpg
ザックザク~♪


最近では、ザクザク系の4つ折り2回が
流行ってるんですって♪(*´▽`*)

クロワッサンの流行りも、いろいろなんですね。




他にも、パン・オ・ショコラ。↓
パン教室で「クロワッサン」デニッシュ油脂折り層の違いについて_a0165538_09564490.jpg
贅沢に、ヴァローナのバトンショコラが2本も♪
表面でサクサクになったアーモンドも、
最高においしい。




そして、かなり美味しかったこちらは、
木の実のデニッシュ! ↓
パン教室で「クロワッサン」デニッシュ油脂折り層の違いについて_a0165538_09563851.jpg
ホントならフィリングにピントを合わせるところだけど、
生地の層にフォーカス♪(*´▽`*)





この、秘密の(笑)ダマンドが、最高~! ↓
パン教室で「クロワッサン」デニッシュ油脂折り層の違いについて_a0165538_10160881.jpg
ナッツの下に隠れて、外側からは見えないけれど、
このダマンドが、
キャラメリゼしたナッツをしっかり受け止めて、
すっごくしっとりで美味しかった!



折り込みしたら、端っこが出ますね。
ねじねじしたり、短くカットしたりしてカップに収め、
グラニュー糖ぱら~で焼きますよ。 ↓
パン教室で「クロワッサン」デニッシュ油脂折り層の違いについて_a0165538_09561563.jpg
端生地とは思えない、おいしさです。
これ作りたいから、
端っこ、いっぱい取ったりして(笑)。



いや~、しかし、折込ってホント大変。
折って休ませて、折って休ませて。
1日仕事ですね。



バターの量、半端ないけど、
練習しようかな。







今日も、見てくださって、ありがとうございます!

クロワッサンおいしそうだねって思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
パン教室で「クロワッサン」デニッシュ油脂折り層の違いについて_a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



デニッシュにも使いやすそう! ↓
パン教室で「クロワッサン」デニッシュ油脂折り層の違いについて_a0165538_10300599.jpg




by takacoco7 | 2019-12-14 10:44 | レッスン | Comments(0)

パン教室で「生クリーム食パン」食パンの型詰めについて

パン教室で「生クリーム食パン」食パンの型詰めについて_a0165538_09300353.jpg
理論のパン教室で、
角食の型詰めについて、学んできました。

同じ生地で角食を作ります。
左は、分割なしのワンローフ成形、
右は、4分割で、俵成形の車詰め。

この写真は作った翌日に撮ったので、
どちらもしわしわしてて、分かりにくいけれど、

焼きたては、こうでした。↓
パン教室で「生クリーム食パン」食パンの型詰めについて_a0165538_09313232.jpg
火ぶくれというか、ボコボコと気泡が多い、ワンローフ。
天面のくぼみも大きいです。

俵成形の方は、形を保っていますね。




あら、気付きました?(*´ω`*)



この俵成形の方、こんなことになってます。↓
パン教室で「生クリーム食パン」食パンの型詰めについて_a0165538_09312492.jpg
こんなの初めて見たわ~。
もちろん、実験の意図があって、この向きに入れています。


普通は、上半分の向きに生地を入れますね。



下半分の、この向き。
つまり焼き上がりは、こうなります。↓
パン教室で「生クリーム食パン」食パンの型詰めについて_a0165538_09364374.jpg
この面に、こんな向きに、くるくるうずまき。
すっごく違和感!(笑)



山食と違って、きめ細かさが求められる角食。


成形の違いや、
型に詰める方向で、
パンにどんな違いが出るのか、検証しました。




ワンローフのクラム。 ↓
パン教室で「生クリーム食パン」食パンの型詰めについて_a0165538_09301007.jpg
うんうん、こうなりますね。納得。
山食では、時々ワンローフ成形も見ますね。

どんなに頑張ってガスを抜いても、抜けない~。
めん棒を当てまくっても、ぶくぶくとガスが残ります。


この粗さ、実は個人的にはキライじゃないんですが、
角食がこうだと、落第点ですね。




そして、向きを変えて詰めた俵成形の角。



イラストに描いた向きにナイフを入れて切りました。 ↓
パン教室で「生クリーム食パン」食パンの型詰めについて_a0165538_09403746.jpg
下半分の、ヘンテコな向きに入れた方が、左。
うずまきの向きとナイフの角度を見てくださいね。

上半分の、普通の向きに型に入れたら、
右のように切ることになりますね。


左のアップは。 ↓
パン教室で「生クリーム食パン」食パンの型詰めについて_a0165538_09301715.jpg
生地玉は2個入っているので、
真ん中に、生地と生地の接地面があり、
なーんとなく、ここに筋があります。
これが硬い。
触るとすぐにわかりますよ。


右の方は。 ↓
パン教室で「生クリーム食パン」食パンの型詰めについて_a0165538_09302554.jpg
模範的な、角食のクラムのきめです。
うずまきは見えませんね。




そして、指で軽く押さえて触ってみたら、
すっごく違うーーーー!!! ↓
パン教室で「生クリーム食パン」食パンの型詰めについて_a0165538_09303464.jpg
ワンローフは硬さを感じます。
この写真は、俵成形の、上半分の部分。
正しい向きにナイフを入れたクラムです。
しっとり吸いつき、気泡の壁による抵抗は少ないです。



分割なしのワンローフと、
4分割の俵成形、ここまで違うの~!?と、驚き。


また、俵に巻いた生地の向きと、切る方向による違いも、
歴然としていて、分かりやすい。


分割数が多いほど、ケービングしにくくなるので、
流行りのほわほわ贅沢生食パンなどは、
分割数が多めですね。



そして、今まで、
習慣のように、何も考えずに、
山食の成形も、俵に巻いていましたが、
俵成形の車詰め、山には向かないそうで!!!!!

オォーーーノーーーーーー!!!!(;''∀'')


そうなの?



そう言えば、先日、丸め成形で作った、
ブラフブレッドの山バージョン。
クラム、イイ感じだったなぁ。↓(過去画像)
パン教室で「生クリーム食パン」食パンの型詰めについて_a0165538_10023391.jpg
この写真、先日も載せましたけど、
この、山食らしい気泡の伸びは、手丸めによるもの。



そうか、そうなのか。



今度から、山は手丸めで行きます。





手丸め、苦手なんですよね~。
破れるのよね~~~。
練習しまーす。(´Д⊂ヽ



食パンの型詰めひとつとっても、
奥が深い。
深すぎる~!

だから面白いです。
パン作り。(*´▽`*)




今日も、見てくださって、ありがとうございます!

生地の詰め方の実験、面白そう!って思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
パン教室で「生クリーム食パン」食パンの型詰めについて_a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



パン教室で「生クリーム食パン」食パンの型詰めについて_a0165538_09580277.jpg





by takacoco7 | 2019-11-21 10:02 | レッスン | Comments(4)

パン教室で「黒千石」

パン教室で「黒千石」_a0165538_10214328.jpg
湯種食パンと一緒に習ったのは、
酒種で仕込む、「黒千石」(くろせんごく)!

端正な佇まい。
しっとり、落ち着いた風貌。(に、見えない?(*´▽`*))


黒千石って、初めて聞きました。
なんだそりゃ。



大豆の品種だそうで、
小粒で、コリッとした食感がおいしいんですって。




パン生地には、マロンペーストも入っていて、
おいしさだけじゃなく、
しっとり、ほろり・・・の食感を生み出します。



黒千石、たっぷり~(*´▽`*) ↓
パン教室で「黒千石」_a0165538_10205835.jpg
ベージュのクラム、あま~いお豆の香り♪
あぁ~、「和」を感じます~。





宿題生地、翌朝、成形しました。 ↓
パン教室で「黒千石」_a0165538_10214046.jpg
お豆が焦げると固くなるので、
皮生地に包んで、あくまでもソフティ~♪





ここまできたら焼きます! ↓
パン教室で「黒千石」_a0165538_10214724.jpg





さーーーーーけーーーーーーたーーーーーー!(;''∀'') ↓
パン教室で「黒千石」_a0165538_10214962.jpg
元気すぎて、皮生地が裂けました。
お豆、隠れてないやーん。(;´Д`)



和菓子を思わせるような、ほっこり系。
ほうじ茶が合うかもしれない~♪(*´▽`*)



デロっとした生地で難しそうだけど、
マロンペーストあるし、
作ってみようかなぁ。


黒千石がないなぁ。




今日も、見てくださって、ありがとうございます!

黒千石おいしそう!って思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
パン教室で「黒千石」_a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



パン教室で「黒千石」_a0165538_10305041.jpg




by takacoco7 | 2019-11-01 10:32 | レッスン | Comments(2)

パン教室で「湯種食パンとBLTサンド」

パン教室で「湯種食パンとBLTサンド」_a0165538_09523513.jpg
湯種食パン!!!


パン教室で習ってきました。
今回は、生イーストで。


湯種って、あんまりしたことなかったので、
とても勉強になりました。



ミキシングがとても難しいんですね~。
うちでもやってみたいけど、
できるだろうか!?(;´Д`)



このタイミングで焼く!というのも、斬新。 ↓
パン教室で「湯種食パンとBLTサンド」_a0165538_09523772.jpg
いつもだったら、もっと上げてる~~~~~。





もちもち食感がおいしい湯種食パンの、
キラキラクラム。 ↓
パン教室で「湯種食パンとBLTサンド」_a0165538_09521023.jpg
たまらん~~~~~(*´▽`*)





この、最強に美味しい食パンで、
サンドイッチを作ってランチにいただきました。


厚いベーコンをたくさん並べる~♪ ↓
パン教室で「湯種食パンとBLTサンド」_a0165538_09524657.jpg
パンは、予め、フライパンで焼いておくんです。
これも初めて。
バターがじゅわっと浸みて、おいしい~。
食べる時、手は汚れるけども(笑)、
冷めても硬くならないので、これいいわ~。

ホットサンドって、一旦冷めたら、もうダメよね。
これ、そんなことないのよ~(*´▽`*)




しっかり焼き込んだクラストの、
こんがり加減も、おいしさのひとつね。↓
パン教室で「湯種食パンとBLTサンド」_a0165538_09524742.jpg
ボリューム満点♪
めっちゃおいしい~~~!


湯種食パン、おいしいなぁ。
こんなの、おうちでも焼きたいなぁ。


ホップスと、酒種山食。
まいにち食べる食パンは、このどちらかで!
と思ってたけど、新しいお気に入りが増えるかも~♪




この日は、もう一品、
酒種で作る、甘くて美味しいブレッドも習いました。

そのお話は、次回~(*´▽`*)





今日も、見てくださって、ありがとうございます!

湯種食パンおいしそう!って思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
パン教室で「湯種食パンとBLTサンド」_a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



パン教室で「湯種食パンとBLTサンド」_a0165538_10051525.jpg




by takacoco7 | 2019-10-31 10:06 | レッスン | Comments(0)

パン教室で「フランスパンの焼き比べ」ビストロとガスと武蔵

パン教室で「フランスパンの焼き比べ」ビストロとガスと武蔵_a0165538_13124831.jpg
フランスパン♪


理論のパン教室。
今回は、ワンデーレッスンに、単発での参加です。


低温長時間発酵法にて仕込んだ同じ生地を、
電気オーブン ビストロ、
ガスオーブン ハーマン、
デッキオーブン 武蔵、
3台のオーブンで焼きました。



70%の水分だけど、
思ったよりデロデロしていて、
パンチ入れる時なんか、もう!!!(;''∀'')






ビストロ焼き~。↓
パン教室で「フランスパンの焼き比べ」ビストロとガスと武蔵_a0165538_13143591.jpg
家庭用電気オーブンはスチームが入れられるので、
比較的メリッと焼けますが、
やっぱり火力が弱いかな。

でも、弱いなら弱いなりに、
予熱の方法、石板の導入など、
ほっほーう!という工夫が随所に。





ガスオーブン、ハーマン焼き。↓
パン教室で「フランスパンの焼き比べ」ビストロとガスと武蔵_a0165538_13125712.jpg
ビストロより、底面が持ち上がってますね。
蒸気がなかなか思うように立てられないのが
ガスの悩みだそうですが、
我が家にはガスオーブンはないので、
知識として会得。





おうちベーカーが憧れる、武蔵。↓
パン教室で「フランスパンの焼き比べ」ビストロとガスと武蔵_a0165538_13130006.jpg
やっぱり一番ハンサム(*´▽`*)
下火の強さが、縦長の気泡に表れていますよ。
パリッと焼けて、イイ感じに生地が立ち上がり、
エッジもオトコマエ。


でもさすがに、我が家に武蔵は、ちょっとね、
スペースや予算、パン専用、となると、
現実的じゃなくて。
(モバックで見た時は、買う気になったけどね!笑)



家庭用の電気オーブンで
武蔵に近づける焼き方、学んできました。





これはレッスン時に、ワタシが成形したフランスパン。↓
パン教室で「フランスパンの焼き比べ」ビストロとガスと武蔵_a0165538_13124294.jpg
太さも揃わないし、クープもいがんでるし。
上手くなりたいね。(*´ω`*)




忘れないうちに復習しよう~。





今日も、見てくださって、ありがとうございます!

フランスパン美味しそう!って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
パン教室で「フランスパンの焼き比べ」ビストロとガスと武蔵_a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



パン教室で「フランスパンの焼き比べ」ビストロとガスと武蔵_a0165538_10255762.jpg






by takacoco7 | 2019-10-27 10:52 | レッスン | Comments(0)

パン教室で「ハードトーストとダッチブレッド」成形の強弱について

パン教室で「ハードトーストとダッチブレッド」成形の強弱について_a0165538_10175138.jpg
理論のパン教室に行ってきました。

習ったパンは、ハードトースト。
キタノカオリを使って、
ポーリッシュ法で、香り高いパンを作ります。




今回のテーマは「成形の強弱」。
ゆる~くふんわりと丸めた時と、
ガスを抜いてしっかり締めて丸めた時。
パンはどう変わるのか。

上の写真、左はゆる丸め。
右がしっかり丸め。
伸び方や高さに、大きな差が出ました。




ガスを保持しながら、ゆるやか~に、
丸めた食パン。 ↓
パン教室で「ハードトーストとダッチブレッド」成形の強弱について_a0165538_10175709.jpg
トップのひび割れもなく、ふにゃっとしています。
伸び具合は、控えめ。
ガスをたくさん含んでいるのにね。




そして、成形時にめん棒を用いてガスを抜き、
締めて締めて丸めた食パン。 ↓
パン教室で「ハードトーストとダッチブレッド」成形の強弱について_a0165538_10180029.jpg
左右の高さが違うのはスルーしていただき(笑)、
ぐおぉーーーんと窯伸びしてますね~。
トップもつやがあって、張っています。


クラム~~~。↓
パン教室で「ハードトーストとダッチブレッド」成形の強弱について_a0165538_10182642.jpg
うんうん、想像した通り(*´▽`*)

パンの学校では、右が正しいとされ、
テストでは、右の方が点数が高いけれど、

これ、好みだそうで。


食感も違うので、
どちらが好きかは、人それぞれ。
自分が狙った方のパンを作れたらいいですね。





同じ生地で、ダッチブレッドも! ↓
パン教室で「ハードトーストとダッチブレッド」成形の強弱について_a0165538_10180486.jpg
すっごくキレイに割れて、うれしい~!
家で焼いたことないんですよ。むずかしそうで。
家でも作ってみたいな。


ちなみに中は、ゴーダチーズ。 ↓
パン教室で「ハードトーストとダッチブレッド」成形の強弱について_a0165538_10181716.jpg
ナチュラルチーズですから、焼成で溶けます。
大きな空洞ができて、ぶわっと膨らむからこそ、
表面が大きく割れるんですね。
チーズのカタチを残したい時は、
プロセスチーズで。






この偏り・・・・なによ。 ↓
パン教室で「ハードトーストとダッチブレッド」成形の強弱について_a0165538_10182102.jpg
真ん中に包むことの難しさよ。(´Д⊂ヽ

あはははははは(-"-)





今日も、見てくださって、ありがとうございます!

成形でそんなに違うんだねって思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
パン教室で「ハードトーストとダッチブレッド」成形の強弱について_a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



2019年の新麦! ↓
パン教室で「ハードトーストとダッチブレッド」成形の強弱について_a0165538_08453883.jpg





by takacoco7 | 2019-10-19 09:35 | レッスン | Comments(0)

パン教室で「ごまロール」と「さつまいもハード」

パン教室で「ごまロール」と「さつまいもハード」_a0165538_10044030.jpg
「ごまロール」!!!


パン教室で習ってきました~♪



クレッセントと呼ばれることの多い、
可愛いカタチ。
三日月ですね♪(*´▽`*)




こちらは、レッスンでの、ワタシの成形。 ↓
パン教室で「ごまロール」と「さつまいもハード」_a0165538_10050872.jpg
これ、むずかしいねーーー!(;''∀'')
テンションかけて、引っ張りながら巻くけど、
引っ張りすぎてもいけないし、
先っちょが、カッコよく、シュッとならない。





で、こんな、太っちょさんよ。(´Д⊂ヽ ↓
パン教室で「ごまロール」と「さつまいもハード」_a0165538_10055344.jpg
巻き目の模様も、クッキリしないなぁ。




こちらの教室は、基本的には自家培養酵母でのレッスンですが、
今回に限って、イーストでした。


ということで、宿題生地は、さっさと持ち帰って、
さっさと焼いてしまわねばらならぬ!!!
(つまり、帰りに寄り道はダメよ)←カバンの中でどんどん発酵


持ち帰った生地は、
なんと、晩ごはんの支度と完全にかぶっての作業(笑)。
めっちゃ忙しい!!!
酒種などの自家培養酵母と違って、
「パン生地さん、ちょっと待ってね」ができない!



成形~! ↓
パン教室で「ごまロール」と「さつまいもハード」_a0165538_10060245.jpg
キュッと曲げたカタチと、
ほんのりカーブのカタチ。

これ、曲げずに真っ直ぐというパターンもあるですけどね、
ワタシ、真っ直ぐににしたやつ、
虫に見えてNGなのよ。(;´Д`)



先っちょ、シュッと細くしたつもりだったのに、
おでぶちゃん。(ノД`)・゜・。 ↓
パン教室で「ごまロール」と「さつまいもハード」_a0165538_10060580.jpg
なんだよ、これ~~~。(*´ω`*)




晩ごはんの支度と並行して焼いたパンは、
そのまま、晩ごはんに!!!

いただきまーす! ↓
パン教室で「ごまロール」と「さつまいもハード」_a0165538_10062407.jpg
クラスト、ぱりっぱり!!!
太いとこ、ふっくら!
先っちょ(やや太いけど笑)カリッカリ!
おいしい~~~~~!

イーストの香りだ~。(当たり前)




そして、同じ生地で、
甘いパンも習いました。 ↓
パン教室で「ごまロール」と「さつまいもハード」_a0165538_10061020.jpg
「さつまいもハード」。

秋ですね、芋ですよ。
全国の芋好きに捧ぐ、いもハード。(*´ω`*)
最高です~~♪



さつまいもは鳴門金時。
パン生地の塩気に合わせて、
甘すぎないグラッセを習いました。


もりもり~~~! ↓
パン教室で「ごまロール」と「さつまいもハード」_a0165538_10062243.jpg
あぁ、おいも、らぶ♡(*´ω`*)
たまらん、卒倒しそう。

もう、誰にもあげないもんね。あはははは。




そして、パンに合うひと皿も習いました。↓
パン教室で「ごまロール」と「さつまいもハード」_a0165538_10052496.jpg
「イカと鶏肉のトマトソースマリネ」!

これ、冷たいお料理なんです。
作って置いておけるので、来客時にいいですよね。
当日、盛るだけなので~。

トマトソースが、すんごいイカ味!(イカ味って)
魚介好きにはたまらない美味しさです。
ここに、チキンでもなんでも、
お好きなものを入れましょうスタイル。

めっちゃおいしい~~~~~~!
さっぱりしてるので、いくらでも食べてしまう。
ごまロールでソースをすくって、
トマトソースも余すところなくいただく。
美味しかった~(*´▽`*)



今回のレッスンも、楽しい時間でした。
来月も楽しみ♪






今日も、見てくださって、ありがとうございます!

ごまロールもさつまいもハードもおいしそう!って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
パン教室で「ごまロール」と「さつまいもハード」_a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



パン教室で「ごまロール」と「さつまいもハード」_a0165538_10404705.jpg





by takacoco7 | 2019-09-26 10:44 | レッスン | Comments(4)