人気ブログランキング |

2019年 05月 03日 ( 1 )

いつもより高温で継いだ酒種で、パンを焼きました

a0165538_10123414.jpg
ライ麦のふんわりカンパーニュ!


パン教室で習った、
酒種仕込みのカンパーニュです。
これめっちゃ好き!(*´▽`*)




失敗続きの、酒種の種継ぎ。
前回は、これまでやってきたやり方に戻して、
細心の注意を払い、
きちんと継いだつもりでした。→その時のお話


が、なんだかおかしい。
さらっさらだし、発酵力もいまひとつ。
酒種自体は酸っぱくないものの、パンが酸っぱい。





酒種の調子が悪いことを、
パン教室の先生に相談したら、

今までより高温で継ぐやり方を聞きました。
レッスンで教えている内容ではないので、非公式(笑)。



でも、藁をもつかむ思いで、トライ。
酒種をなんとかしたい。






全ての材料を合わせた時の温度を、
35℃になるよう、水温を調整。



その後、保冷温庫で35℃をキープ。




1時間後の様子です。↓
a0165538_10115193.jpg
な、なんか、イイ感じ?






時折、撹拌しながら、
6時間後。↓
a0165538_10115570.jpg
いいんじゃない?





7時間後。↓
a0165538_10115975.jpg
なんか、サラッとしてきた!?
6時間の時点で、冷蔵庫に入れたらよかったかしら!?






この酵母を1日寝かせ、
パンを作ってみよう。



クープ。 ↓
a0165538_10123835.jpg
この時点で、生地から酸っぱいにおいが・・・。(;´Д`)



ちなみに酒種は、甘いです。
自分で完成とみなした時点では、とても甘い。
甘麹みたい。
いつものようなピリッと感はなし。
1日寝かせた翌日には、
ピリッとした発泡してるような刺激がありました。








エッジは、好きな感じに立ったけれど。 ↓
a0165538_10124150.jpg




クラムも、ま、まぁまぁだけど。 ↓
a0165538_10124583.jpg
なんとなく、酸っぱい香りがあるような。
酒種パン特有の甘くて香ばしいかおりの陰に、
酸味を感じるのです~~~~。


もう、だめだーーー。
へこむーーーー。
我が家は、酒種が育たない環境になってしまったのか。
それとも、ワタシのことキライになった?(←もうビョーキね)



継ぎ直そうにも、
先生んち出身のエリート酒種はもういないので、

次回のレッスンで、またもらってくることにします。



ってか、自分で起こす!?(T_T)←うまくいく気がしない







今日も、見てくださって、ありがとうございます!

おいしそうに焼けてるのになぁ、ガンバレ~!って思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓


a0165538_10302392.jpg




by takacoco7 | 2019-05-03 10:33 | ぱん | Comments(7)