人気ブログランキング |

2018年 12月 13日 ( 1 )

あんこの炊き方もいろいろ

a0165538_09575897.jpg
つぶあん、炊きました(*´▽`*)


あんこ屋さんのあんこほど、テカテカにならなかったけど、
自分好みの甘さ、豆の硬さ、やわらかさ。
やっぱり手作りのあんこは美味しい♪





初めて、コッタさんのあずきを使ってみました。↓
a0165538_09574365.jpg
北海道産です。

粒がきれいで、とてもいい豆です。

賞味期限は、一応、書かれていますが、
これ、何年度産の豆だろう?
豆の賞味期限って、どれくらいに設定されてるのかな。
新豆かどうかで、煮る時間は驚くほど違うので、
何年度産なのか記載されていたら嬉しいなぁ。




なかしましほさんの「たのしいあんこの本」のレシピで
作ってみました。

渋切りという、茹でこぼしの作業も
レシピどおり。



下煮には、シャトルシェフを使用。↓

10分加熱後、60分保温。
再び過熱して、沸騰後、20分保温。

つぶつぶ感があまりない、やわらかな状態になりました。




以前は、60分保温→再加熱60分保温→再加熱60分保温
これでも、少し硬さが残っていました。

今回の小豆は、新豆だったのかなぁ???




よく見かけるあんこのレシピは、
好みのやわらかさまで茹でたら、
そこへ砂糖を入れるんですが、

しほさんのレシピは、茹でた煮汁を捨てるんです!
煮あがったあずきをザルに取り、鍋へ。
煮汁はボウルに受け、しばらく放置。
沈殿した濃い煮汁だけ、鍋に加えて煮ます。


使用した糖は、てんさい糖を使いました。 ↓
a0165538_09574684.jpg
向こう側の鍋の中身、
水気ないけど、大丈夫~????




てんさい糖を入れたら、ぱっさぱさよ~? ↓
a0165538_09574995.jpg
でもね、あら不思議。
砂糖が水分を引き出すんですね。
どんどん水が出来てきて、焦げるなんてことはなさそう。




必要以上に水分を飛ばさなくていいので、
この方が作りやすいわ~。 ↓
a0165538_09575205.jpg
だばだばに煮汁が残っているところへ砂糖を入れても、
なかなかに詰まらないもんね。



さーて。
チョ~~~~ワタシ好みのおいしいあんこが出来ました。
これで、何作ろう~?(*´ω`*)




大掃除も年賀状作りもせずに、
あんこ炊いてまーす(笑)。





今日も、見てくださって、ありがとうございます!

やわらかあんこ、おいしそうね!って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓


新レシピ追加されてます~↓
a0165538_10190496.jpg




by takacoco7 | 2018-12-13 10:23 | お菓子・ジャム | Comments(0)