人気ブログランキング |

2018年 11月 17日 ( 1 )

酒種でライ麦のふんわりカンパーニュとオーブン温度計

a0165538_10555727.jpg
「ライ麦のふんわりカンパーニュ」!

春よ恋+細挽きライ麦×酒種
パン教室のレシピです。



いつも、細やかな配慮で気にかけてくれる、
大切な友人に、パン便を送ろうと思って、

練習です~(*´▽`*)



夜こねて、オーバーナイト。
そろそろ室温で、朝まで置いておけるかな~。




クープは、深すぎないよう、注意。↓
a0165538_10560181.jpg
つい、グイグイ入れちゃうから~。(*´Д`)




むかーし、持っていたオーブン温度計。
久しぶりに出したら、壊れているのか、
針が示す温度と室温が大きく違う~。



TANITAのオーブン温度計を入手しました。↓


石窯ドーム ER-ND500
過熱水蒸気モード250℃で予熱。

予熱完了のブザーが鳴った時、
まさかの、これ!!! ↓
a0165538_10560725.jpg
200℃に達していない~。
ま、想定内ですけどね。(-"-)



そのまま加熱を続けたら、あっと言う間に250℃になりました。
ブザーが鳴るのは早すぎるけど、
一応、設定温度になっているようです。


過熱水蒸気モード 実測230℃で7分。
オーブンに切り替え、実測210℃で23分。
途中、パンの前後を入れ替え。(180℃回転)



焼けました~! ↓
a0165538_10563085.jpg
イイ感じ~!(*´▽`*)
香りよし!クープよし!
このパン、練習だけど、これを送りつけたい衝動に駆られる(笑)。




浮き上がったエッジに、でへでへ。(*´ω`*)↓
a0165538_10563634.jpg
この隙間に入りたいよう~♪ ← へんですか



うちの石窯ドーム、なんか焦げるなぁっていつも思ってたんです。
測ってみたら、
初めこそ温度が低いんですけど、
そこからぐんぐん上がり始め、
200℃設定で230℃とかになることも!
糖の多い菓子生地、こんな温度で焼いたら、そりゃ焦げるわ。

予熱完了時の温度だけじゃなく、
その後の推移も見守っていく必要があるな~って思いました。



パン作りのキーワードは、
こねる時も、発酵時も、焼成時も、
「温度」ですね~。


さて、本番、上手く焼けるかな。
本番に弱いんだよね~。



今日も、見てくださって、ありがとうございます!

ライ麦カンパおいしそう~!って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



a0165538_09214979.jpg






by takacoco7 | 2018-11-17 11:16 | ぱん | Comments(0)