人気ブログランキング |

2018年 10月 29日 ( 1 )

ホップ種、種起こしの記録 前編

a0165538_09410342.jpg
我が家のホップ種。



ある時から、
ヨーグルトのような酸っぱい香りがするようになって、
気になっていました。

不快な酸っぱさではないけど、
ホップ種に、この香りは要らない気がする・・・・。
(わかんなけど)


皆さんからのアドバイスをもとに、
種継ぎの時に、温度が上がりすぎないよう気をつけたり、
頻繁に種継ぎを繰り返したり。

でも、もととなるホップ種に酸味があるのだから、
それを培養しても、酸味は消えない。


ぶくぶく元気だし、パンも作れるけど、
何か違う。




しょうがない!
恐ろしく手のかかるホップ種起こし、
やりますっ!!!( `ー´)ノ



志賀シェフの、この本の半量で。↓

初めて起こし方を見た時、
こんなのぜったい自分で出来ないわって思ったけどね~。


地味~な話と、地味~~な写真が続きますが、
ホップ種起こしの情報が少ない中、
もし、一から起こそうという方がいらっしゃって、
何かのお役に立つのならば、と、
記録に残すことにしました。





乾燥ホップを煮出したホップ液、
湯種にした粉、
マッシュポテトとすりおろしりんご、麹。↓
a0165538_09544924.jpg
後半から湯種は入れず、グラニュー糖が入ります。

粉はリスドオル、
じゃがいもは、メークイン、
りんごはサンつがる使用。
麹は乾燥麹です。





まずは1日目。↓
a0165538_09390527.jpg
本のとおりに、材料を合わせたところ。


湯種が硬いので、どろっどろ。
濃度があります。
もったりとしていて、じゃがいもの香り。
混ぜ終えた時の温度は、27℃。(本では26℃指定)


ボウルやおろし金、茶こし、泡だて器、フードプロセッサー、
全ての道具を熱湯消毒しました。


が。
1日4回の撹拌のうち、
材料を合わせる時以外の、撹拌のみの時は、
泡だて器の熱湯消毒をしませんでした。
(できなかったというべきか)



撹拌は、本のとおりには出来なかったので、
自分の生活のリズムに合わせて、
11:00、17:30、23:00、06:00、としました。



3回の撹拌を終え、
翌日の、材料合わせタイム。↓
a0165538_09393909.jpg
ぶくぶくと、濃い泡が密集して、ふわふわしている。

途中、とても臭くなるときいたけど、
今のところ、全く不快な香りはナシ。

強いて言うなら、
「じゃがいもがイイ感じで醸されてます~」
という香り。(←よくわからん表現でごめん)
いやなにおいじゃないです。



1日目の種が完成した後、混ぜました。↓
a0165538_09394227.jpg
大きな泡がぶくぶく。(*´▽`*)
イイ感じかも♪





全ての材料を合わせました。↓
a0165538_09394565.jpg
混ぜ上げ温度は26℃。指定通り。(*´▽`*)





そして翌朝。↓
a0165538_09395649.jpg
なんだか膜が張ったような。

ラップを外した時、ふわっとビールの香り!(*´▽`*)
やった!!!

ほのかなビール臭と発酵臭。
不快な香りではないです。


捨て種がいっぱいあるけど、
これを保存してても使いみちがないので、
「食べ物を捨てる」という辛さを飲み込みつつ、
捨て種は破棄。




3日目、材料を合わせました。
a0165538_09395933.jpg
このあたりから、どんどん水っぽく、
しゃばしゃばになっていきます。
混ぜ上げ温度、27℃。
またしても、1℃オーバー。


長くなりますので、
続きは次回。




今日も、見てくださって、ありがとうございます!

ホップ種起こし、チャレンジしたんだね!と思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓






by takacoco7 | 2018-10-29 10:24 | 自家製酵母 | Comments(0)