2018年 07月 20日 ( 1 )

パン教室で「山形食パン」小麦粉について

a0165538_10505114.jpg
地震後の、まだ少し落ち着かない頃、
パン教室に行ってきました。


上の写真は、アヴァロンという粉で作った山形食パン。
ワタシ、アヴァロン初めてです!

「世界で一番製パンに適した粉」と言われてるんですって!
そんなすごい粉なのに、全く注目したことなかった~。


それと比較して、
こちらは、北海道産はるゆたかで作った山形食パン。 ↓
a0165538_10505776.jpg
栽培の難しさから、今では春よ恋が主流となっていますが、
根強い人気の粉ですね。



レシピは同じ配合。
粉の性質によって、水分だけ、適正量に調整されています。



今回のレッスンでは、「小麦粉」について学びました。



銘柄別の粉の性質、特徴。
作りたいパンによって、どの粉を選ぶのか。



深いわ~~~~~。(*´▽`*)



6種類の粉をそれぞれ手ごねで仕込み、
吸水の違い、こね上がった生地の手触り、
弾力、色などを比較しました。 ↓
a0165538_10512505.jpg
全然違う~~~~!(*'ω'*)


パッと見てよくわかるのは、色ですね。
グレーがかったメルヴェイユと、黄色いキタノカオリは、
一目瞭然でした。



生地玉、ひとつひとつ、違う粉です。↓
a0165538_10534303.jpg
こんなにたくさんの粉を、
同時に作り比べることができるなんて、
レッスンじゃないとできないですね~、
ひとりじゃ、2~3種類で精いっぱいだわ~。




光の加減でうまく撮れなかったんですけど、
6種類の比較です。↓
a0165538_10510635.jpg
メルヴェイユ、キタノカオリ、アヴァロン、
ゆめちから、カメリヤ、はゆるたか。



食べてみて・・・・。


ううーーーむ、ハッキリとした違いが分かるものと、
よくわからないものと。

すっごく神経と研ぎ澄ませて食べたんですけど、
すみません、正直、違いがわからなかったものも。(;´Д`)
生地の時は、みんな違ったのになぁ。



灰分が非常に高いメルヴェイユ、
これはハッキリと味が違いました。



あと、キタノカオリのもちもち感も、強く感じました。




大きな食パンで作り比べたこのふたつ、
食感が違いました。 ↓
a0165538_10511193.jpg
粉の味・・・は、もう何が何やら分かりませんでしたが(爆)、
噛んだ時の、生地のほぐれ具合といのか、
もっちりとだんごっぽくなる感じというのか。
ボキャブラリー乏しくてうまく書けないけど、
噛みごたえ、くちどけに、違いを感じました。

先入観があって食べるから、
そう思っただけ・・・と言われれば、
それまでなんですけど。←否定しない(笑)




粉についてを学んだあとは、
理想の山食についてのお話も。



今世紀最大の衝撃の新事実は!




窯伸び!!! ↓
a0165538_10541163.jpg
片面だけが伸びているのが正しいんだそうですよ!!!


うっそーーーーん!
まじですかー。


A面、B面、どちらも均等に伸ばしたい!
と、悩み、苦労したあの日々は、なんだったの!


片方伸びの方が、
一方向に生地が伸び上がって、
弾力のある、いいパンになるそうです。



どうしても、受け入れられない~~~~。
両面、均等に伸ばしたい~~~(笑)。(*´Д`)




伸びないんだけどね、均等には。




それで正しかったってこと????




パン作りは深いです。(´-`*)






今日も、見てくださって、ありがとうございます!

山形食パンおいしそう!粉の比較楽しそう!って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


材料と道具とレシピはこちらで。↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓

a0165538_10053003.jpg






[PR]
by takacoco7 | 2018-07-20 10:53 | レッスン | Comments(2)