人気ブログランキング |

パン教室で「きんぴら蓮根の胚芽パンと焼きチーズカレーパン」捏ね上げ温度について

a0165538_10010197.jpg
いきなり、実験パンの写真からスタート~♪

理論のパン教室に行ってきました。
今回のテーマは、「捏ね上げ温度」。

適正温度にこね上げたものと、
冷たすぎるもの、温かすぎるもの。


条件を揃えるため、
1次発酵の時間はすべて同じ。


冷えていたものは、ちっこいですね。
温かすぎたものは、ぼわ~っと!



ワタシは普段、HBでこねています。
HBは、保温しながらこねるので(この機能、いらない~)
ふたを開けっぱなしでこねても、
ぐんぐん温度が上がります。

適正温度にするって、むずかしいね~。








一番高いところで切ってみました。 ↓
a0165538_10010843.jpg
1次発酵の時間が同じなので、
膨らみ方に差が出ています。
温度が高かったものは、腰折れも。




では、適正より冷たい生地は、
長く時間をおけばいいのかな?



適正より温かかったものは、
発酵時間を短くすればいいのかな?



一概に、そうでもないようなんですよ。
発酵した時の膨張率は、それでいいかもしれない。

でも、酵母が生み出す、おいしさや旨味、香りは、
やっぱり適正温度で、きちんと管理したほうがいい。






適正温度でこね上げた生地で、
実験パン以外に、美味しいパンも焼きますよ♪



「きんぴら蓮根の胚芽パン」!!!↓
a0165538_10004362.jpg
ローストされた小麦胚芽の香ばしさ!
捏ねているときから、いい香りで、
くんくんくん♪(*´▽`*)




カワイイで成形でしょう?
こんなカタチ、初めて見ました~。
フィリングの蓮根がチラ見えで、そそる~(笑)。



切ってみる~?↓
a0165538_10005038.jpg
しゃきしゃきの歯ごたえ、
れんこんとパンって、すんごく合いますね~。




もうひとつ、「焼きチーズカレーパン」!↓
a0165538_10005422.jpg
表面のつぶつぶ、エダムチーズなんです。
コレ、香りが良くて、たまらん~~~(*´▽`*)


中央に、ぷちゅっとしぼったマヨが、
これまた最高においしいんですよ。↓
a0165538_10005780.jpg
ほんのり甘さのある生地なんですけど、
惣菜パンにしても美味しいんですね~。




今回も、温度に関する学び、深かったな~。
結局、なんだかんだ言って、
パン作りって、「温度」なんですよね。
ちゃんと温度計で測ること、
習慣づけようと思います。








今日も、見てくださって、ありがとうございます!

れんこんもカレーもおいしそう!って思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



a0165538_10230306.jpg





by takacoco7 | 2019-06-22 10:26 | レッスン | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 冷凍パイシートで、ひとくちチョコパイ 【レシピ】もちもち厚焼きフォカッチャ >>