人気ブログランキング |

【レシピ】もちもち厚焼きフォカッチャ

a0165538_15573913.jpg
もちもち厚焼きフォカッチャ」!!!
レシピを公開しました~♪↓





このフォカッチャは、水分が多く、
しっとり、もちもちのクラムになるのが自慢です(*´▽`*)


準強力粉で作ることが多いフォカッチャですが、
悩みに悩んで、粉は春よ恋100%
北海道産の粉は、もちもちして美味しいですよね~。



HBでこねていますが、
水分が多いので、羽根の下に生地がたまります。↓
a0165538_15574806.jpg
うへ~~~って思うけど、大丈夫。



10分ほどしたら、まとまってきますから。↓
a0165538_15575145.jpg
時々、回転を止めて、へらで生地を寄せてあげると
まとまりやすいです。




パンチは、生地がゆるいので、台に出さず、
容器の中でやってしまいましょう。



大事なことは、容器にあらかじめ、
スプレーオイルをふっておくこと。
じゃないと、
生地が容器から剥がれませんから!



両サイドから手を差し込んで持ち上げ~、↓
a0165538_15580834.jpg
垂れ下がった、手前側と向こう側の生地を
内側に折り込むように、生地をおろす。

分かるかな。



容器を90℃回転させて、
はい、もう一度!
同じように持ち上げて、だらんと垂れた生地を内側にして、
おろす。


これで、みつ折りを2回したような状態になっています。




今回は、フェザーウェイト・ココットラウンドを使って、
2次発酵と焼成を行います。

お鍋はこちら。↓

こんなお洒落な鍋だと、そのままテーブルにサーヴできますね♪



1次発酵が済んだら、
ベーキングペーパーを敷いた鍋に
生地を入れます。 ↓
a0165538_15580008.jpg
生地の下に手を差し込み、
下から引っ張って平らにならし、厚みを揃えます。




オーブンの発酵機能を利用して、ホイロ。 ↓
a0165538_16185593.jpg
オーブンの取扱説明書に従ってくださいね。




予熱する時間を見計らって、
少し早めに鍋を取り出し、予熱開始。



室温でホイロを完了させます。


焼成前に、オリーブオイルを塗って、
指をぷすぷすっと指し、↓
a0165538_15581626.jpg
ゲランドの塩をふって、シュレッドチーズを散らします。
ここで使う塩は、直接、舌に当たって、
ダイレクトに味を感じるので、
ぜひとも、美味しい塩を使ってくださいな♪



ふたは外して、こんがり焼いてね~♪ ↓
a0165538_16243706.jpg




クラムは、しっとりみずみずしく、
大小ランダムな気泡が入ります。 ↓
a0165538_15583106.jpg



ほわほわとやわらかいので、
いくらでも食べてしまう~!(*´▽`*) ↓
a0165538_15582693.jpg
オリーブの実やドライトマト、ベーコンやローズマリーを
トッピングしても美味しいですよ。
また、チーズはなくてもイケます~。



今回、使用した、
クックウエアの「フェザーウェイト・ココットラウンド」は、
厚みがあって重厚感がありますが、
意外にも軽いのですよ~。
洗ったり収納する時に、ラクラク♪
蓋ごとオーブンに入れられるのもイイですね。
(耐熱温度は本体が約460℃、蓋が約200℃)


我が家はオットとふたり暮らしなので、
小さな鍋しかないんですが、
22センチって、すごく使い勝手イイですね。
気に入りました!


熱伝導がよく、水分を逃がさない、
そんな特徴を活かした美味しいレシピが、
こちらにあります~。↓
a0165538_09592174.jpg




今日も、見てくださって、ありがとうございます!

もっちもちのフォカッチャおいしそう!って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓


食パンを追求しよう! ↓
a0165538_10012113.jpg





by takacoco7 | 2019-06-21 10:06 | ぱん | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< パン教室で「きんぴら蓮根の胚芽... コーヒーナッツロール >>