パン教室で「新麦のリュスティック」

a0165538_09405301.jpg
「新麦のリュスティック」!!!
クリスマスイヴの日に、パン教室で習ってきました。



とかち小麦ヌーヴォー「スム・レラT70」を使って、
レーズンエキスの液種で作ります。
小麦の旨味を最大限に引き出すため、
あえて、発酵に時間のかかる、レーズン種ストレートで。
じっくり、ゆっくり、発酵を待ちます。




スム・レラT70という粉。
蛋白 10.8±1.0% 灰分 0.73±0.10%
北海道十勝産小麦「ホクシン」のみを使用し、
加工適正を低下させる硬い外皮のみを取り除いて石臼挽きにした小麦粉です。


一般的に、小麦は収穫後、
一定の期間をおいてから、製粉、出荷されます。


お米界で新米がもてはやされるように、
近年では小麦も、
収穫したてのレッシュな小麦を使って、パンを焼こう!
という動きがあるんですね。(*´▽`*)


スム・レラは、通年、買えますけれど、
新麦の、今、この時にパンを作る・・・ということに
意味があるようです~。




生地はとろんとやわらかいけど、
どろどろ、でろでろ、ひえ~~~~~!(;´Д`)
っていうほどではないらしい。

ワタシにとってはじゅうぶん、でろりんちょでしたけど。↓
a0165538_09424978.jpg
成形は、対辺を突き合わせて、終わり。
なるべくいじらない。






こちらは、レッスンでの焼成の様子。 ↓
a0165538_09424057.jpg
粉をふって、クープ。
じわじわ、上がってきていますね~。(*´▽`*)




持ち帰ったリュスを切ってみる~♪ ↓
a0165538_09405767.jpg
あは~ん♡たまらん!
茶色いクラム、不均一な気泡、キラキラの気泡膜。
そして、いい香り~。





レッスンでは、他にもシュトレンを作りました。↓
a0165538_09411523.jpg
こちらは、フランボワーズを使って、
ピンクに仕上げた、可愛いシュトレンです。





このお話は、次回~!





今日も、見てくださって、ありがとうございます!

新麦のリュスティックおいしそう!って思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


オフィシャルパートナーとして活動中
材料と道具、レシピはこちらで ↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓


a0165538_10195855.jpg




by takacoco7 | 2018-12-28 10:25 | レッスン | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< パン教室で「ベリーのシュトレン... ポテトサラダのカップパン >>