タグ:レシピ ( 74 ) タグの人気記事

【レシピ】「中種法で作る、しっとりシュトーレン」

a0165538_09532024.jpg
「中種法で作る、しっとりシュトーレン」!

先日から何度も試作をしまくって、
しっとりして、美味しいシュトーレンのレシピを起こしました。
(今日は画像多いです~。あ、いつもか!?)


レシピはこちらです。↓

今回は、うめはらのシュトーレンミックスフルーツを使用。
マジパンは生地に練り込むタイプのレシピです。

チョコや抹茶などのアレンジシュトーレンが流行る中、
オーソドックスで奇をてらわない、
いわゆる「普通」のシュトーレンですけれど、
しっとりして、とってもおいしいレシピになりました。


ナッツは、アーモンドをローストして使います。 ↓
a0165538_09554605.jpg
ワタシはいつも、ナッツ類は、開封したら一気にローストします。
その後、冷凍保存~。毎回、少量を焼くより、効率的。



中種の、発酵前と発酵後。↓
a0165538_10331611.jpg
ボソボソしてても大丈夫です。



シナモンなどのスパイスは、発酵を遅らせる作用があるので、
ドライフルーツに混ぜ込んでおきます。↓
a0165538_09581150.jpg
本捏ねは、一般的なパンの作り方とは違います。
まずはバターのクリーミング。
バターと砂糖を、手でグリグリ混ぜて、
そのあと、マジパンや、卵黄、粉類を合わせていきます。
泡だて器だと、マジパンがうまく混ざらないので、
手で混ぜるのがイイと思います~。


中種をちぎって入れて、生地をこねます~。↓
a0165538_09561727.jpg
ベタベタですけど、がんばってこねると、ちゃんとまとまります。
フルーツをこねて入れ、発酵を取ります。


成形~。ここでも、オーソドックスな形で~。↓
a0165538_09562371.jpg
生地が折れないように、
パタンと折る前に、めん棒で筋を付けるのをお忘れなく~。


焼けたら、バターを塗りたくる~。↓
a0165538_09562810.jpg
以前は、すましバターを作って、上澄みを塗っていましたが、
ここでは塊のバターを熱いうちにこすりつけて。
底面や側面を塗る時は、
生地が折れないように、気を付けて持ち上げてください。



細目グラニュー糖をまぶして1日おき、
翌日、なかない粉糖~。↓
a0165538_09570054.jpg
溶けない粉糖は、おいしさの面で、
普通の砂糖にはかないません。
ふたつの砂糖を使い分けるのは、
おいしさと美しさのためです。



ラッピングは透明のOPPで。
中身が見えると、なんだか、わくわくしますよね~。↓
a0165538_09572633.jpg
レシピでは、ラッピングも紹介しています。
裏表があるリボンの、裏が出ない結び方を、
詳しい写真入りで載せていますので、参考になさってください。



試作で、大量にできたシュトーレン、
さすがに全部食べるわけにはいかないので、
配りまくっていますよ~。



半分に切って、ハーフにしました。↓
a0165538_10211229.jpg
半分だなんて、ケチくさい?(笑)
でも、断面が見えると、ラッピング的にはイイですよね~。


さーて。
材料がまだあるので、シュトーレン、まだまだ作るよ~。




今日も、見てくださって、ありがとうございます!

しっとりシュトーレンおいしそう~って思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


材料と道具とレシピはこちらで。↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓


こちらでピックしていただきました!↓
a0165538_10180083.jpg







[PR]
by takacoco7 | 2017-12-14 13:38 | お菓子・ジャム | Comments(4)

【レシピ】「りんごのまんまるラウンド食パン」

a0165538_09013636.jpg
「りんごのまんまるラウンド食パン」!

新しい型を使わせていただきました。
トヨ型はトヨ型でも、
断面がまん丸な正円に焼き上がるラウンド型です。↓



ラウンド型って、楕円になるものが多いですよね~。
この型、ほんっとーにまん丸なんですよ~♪↓
a0165538_09015034.jpg
アルタイト製なので、使用前には空焼きをしました。
1度焼いただけで、くっつかず、型離れ抜群です。




この型で、カワイイ食パンを焼こう~♪
りんご、たくさん巻いちゃうよ~♪



今回は、このりんごを使いました。 ↓
a0165538_09041660.jpg
アップルチップ
ほどよく水分が抜けて、パンに使いやすいドライになっています。
じゃりじゃりした砂糖が付いてるので、
パンに巻く時には洗って落としました。
そのまま巻いてもよかったかなぁ?



伸ばした生地に、シナモンシュガーをふって、
りんごチップを散らします~。↓
a0165538_09044879.jpg
くるくる巻きますよ~。




巻き終わりの生地は、薄くしておくと、
馴染みよく閉じられます。↓
a0165538_09045171.jpg
両端は、つまんで閉じておきますよ。
ここからりんごが出てると、型にくっつくので~。



型にはオイルスプレーをしゅっと。
型入れ直後の写真と・・・、 ↓
a0165538_09045596.jpg
ホイロ後の写真。

最終発酵でどれくらい生地が上がったか、
確認しようとしてふたを開けると、
生地がぽよ~んと広がるので、(*´ω`*)♪
ふたを閉じるときは、やさしく生地を押し戻して、パタン。


焼き上がり~。↓
a0165538_09050463.jpg
可能なら、立てて冷ますといいです。
寝かせて冷ますと、生地の重みでちょっとたわみますから、
せっかくのまんまる断面が、ゆがみます~。

立たないようなら、横に寝かせて冷ましつつ、
時々転がして、下の面が平らにならないようにしましょう~。



切るたびに、いや~ん♡かわいい~~♪と叫んじゃう(笑)。↓
a0165538_09052727.jpg

使用後は、基本的には洗いません。
熱いうちにペーパーで拭きとります。 ↓
a0165538_09054666.jpg
使うたびに油馴染みがよくなり、くっつかなくなります。

レシピは、こちらに載せました。↓

簡単ですので、よろしかったら♪



ご自身で作ったセミドライアップルで作ったら、
きっと最強でしょうね~。(*´▽`*)





今日も、見てくださって、ありがとうございます!

りんごラウンド食パン、ホントに丸い~!と思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


材料と道具とレシピはこちらで。↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓


これ、軽いんですって!すごく気になる~↓
a0165538_09215158.jpg





[PR]
by takacoco7 | 2017-11-24 09:25 | ぱん | Comments(0)

予備発酵が必要な青サフ缶で、さつまいものバトン

a0165538_09421413.jpg
さつまいものバトン♪

全粒粉入りのハードな生地で、さつまいもの甘煮を包み、
細長く成形したパンです。

レシピはこちらにアップしました。 ↓



今回、初めて使ってみた「ドライイースト」(青サフ缶)↓

予備発酵が必要な、本格派タイプです。
生イーストの香りによく似てるな~。



500g入り、結構、大きな缶ですよ~。↓
a0165538_10202383.jpg
粒子が大きく、普段使っているセミドライイーストと比べても
ずいぶん、様子が違う~。

青サフ缶(イースト)の使用量は、対粉0.5~1%、長時間発酵向きです。

予備発酵は、
イーストの4~5倍のぬるま湯(38度)に、
イーストの1/4~1/5の砂糖を溶かし、
その砂糖水にイーストを振り入れます。

レシピの予備発酵で使った、砂糖とイーストの量は、
こんな感じ。少なーい! ↓
a0165538_10205266.jpg
このイースト、
原材料は、単体の酵母(サッカロミセスセルビシエ)のみで、
乳化剤やビタミンCなどの添加物は入ってないんです。
(インスタントドライイーストやセミドライイーストには添加物が入っています)

酵母のみで構成されていますから、
不自然な生地の締まりがなく、伸展性のよい生地が出来ますよ。


古くから、フランスではバゲット作りに使われているそうな。






鍋で湯煎しています。
イーストの管理には、温度計は必須。 ↓
a0165538_10212341.jpg
7~8分経ったら、一度撹拌し、また7~8分置いて撹拌。
こんなに、あわあわ、ふわふわ~。
この状態になったら、ほかの材料と合わせて、ミキシングに入ります。


予備発酵って、面倒~って思っていたけど、
最初に予備発酵させて、その待ち時間にほかの材料の計量をすれば
効率よく作業できて、手間には思いませんでした。



材料を合わせたら、オートリーズ。
粉が水分を吸って、
もそもそしてたのが扱いやすく、滑らかに。↓
a0165538_10215303.jpg
室温で30分ほど置いたら、一度、パンチを入れて、
冷蔵庫で3時間から一晩、ゆっくり発酵させます。



翌日、横長の四角に整えて、カードでカット。 ↓
a0165538_10452980.jpg

長辺の片方をペラペラに薄くして、溶かしバターを塗り、
さつまいもをのせて巻きます。↓
a0165538_10222258.jpg
バターを塗った所はとじないので、
焼成後、ひらひら開いて、かっこいいんですよ~。




ねじって布取り。↓
a0165538_10225328.jpg
焼成は、前半スチームを立てて、
240℃で13~15分くらいです。



焼けました~! ↓
a0165538_10233687.jpg
焼き上がったパンは、いつものイーストのパンとは違うんです。
生イーストを使った時にも感じた、
パン屋さんのパンのような、とってもイイ香り♪(*´▽`*)



いただきまーす! ↓
a0165538_10240725.jpg
歯ごたえがあるけど、細いので食べやすい~。
おいもさんが、美味しすぎるの~!


初めて使った青サフ缶、
たーくさんあるので、じゃんじゃん使いますよ~。



今日も、見てくださって、ありがとうございます!

さつまいものバトンおいしそう!って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


材料と道具とレシピはこちらで。↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



11月30日(木)まで ↓
a0165538_09473659.jpg



[PR]
by takacoco7 | 2017-11-21 09:54 | ぱん | Comments(2)

硬くない!くるみとチョコのビスコッティ

a0165538_09445804.jpg
「硬くない!くるみとチョコのビスコッティ」

熱いコーヒーと一緒に、ほっこり休憩タイム。
そんな時にビスコッティなんていかがでしょ。

レシピです。↓

太白ごま油が入っていて、B.Pも、ちょろりと配合。
ガリガリ、ぼりぼりしない、さっくりタイプのビスコッティです。

このレシピを考えていた頃、
オットが歯の治療中でして。(*´ω`*)
歯とあごに優しいおやつを考えたのでした。






ひときわ存在感を放つ、これ。↓
a0165538_16322824.jpg
グリュエ・ド・カカオです。
カカオ豆を焙煎し、砕いたもの。
甘味は加えていないので、少し苦くて、コリッとしてて、
カカオの香りがズドーン!と、きます。(*´▽`*)

これが入ることで、サクサク軽やかな、
ともすれば頼りない?ビスコッティが、
一気にオトナのおやつに変身~♪




この断面に、くらくらするわ~。(*´▽`*) ↓
a0165538_09450208.jpg



アナタも、1本、どうぞ♪ ↓
a0165538_09444702.jpg
ゴリゴリしなさすぎて、
もはや、これはビスコッティではないのでは!?
というウワサもありますが(ウワサ???)、

小さなお子さんも、お年を召した方も、
歯医者さんに通ってる方も、
おいしく召し上がっていただけると思います。



コッタさんのお菓子作りの特集ページ
「コーヒーと一緒に食べたいビスコッティ」のコーナーに
ピックしていただきました。
よろしかったらご覧くださいませ♪
 ↓
a0165538_09574181.jpg


















今日も、見てくださって、ありがとうございます!

サクサクビスコッティ、おいしそう~!って思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


材料と道具とレシピはこちらで。↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓


今夜、10月29日(日)配信!↓
a0165538_10010335.jpg






[PR]
by takacoco7 | 2017-10-29 10:04 | お菓子・ジャム | Comments(0)

【レシピ】冷凍フルーツで!アプリコットジャム

a0165538_09101030.jpg

「冷凍フルーツで!アプリコットジャム」!
レシピをひとつ、アップしました。↓

アプリコット?あんず?どっちが馴染みがあるかしら。

あんずジャムは、パンやヨーグルトに添えるだけじゃなく、
お菓子のつや出しに塗ることもありますね。
旬の時期がとても短く、
ワタシの住む地域では、生のあんずをあまり見かけないので、
手軽に入手できる冷凍のアプリコットでジャムを作ってみました。(*´▽`*)

フルーツのジャムって、加熱する前の下準備に手間がかかりますが、
冷凍フルーツなら切るだけなので、簡単~。



切れるくらいに解凍したら、ナイフでカットし、
水を入れて、加熱開始。↓
a0165538_09125779.jpg
あんずは、ペクチンが多いフルーツです。
水なしで煮込むと、果肉が柔らかくなる前に、
ゼリー化して固まり、焦げてしまいます。

ジャムに水~!?と思われるかもしれませんが、
水が煮詰まるころに、イイ感じにやわらかくなりますから、
そのあと、砂糖を加えて、サッと煮ますよ。

アクがたくさん出るので、丁寧に取り除きます。↓
a0165538_09143962.jpg
砂糖を加えたら、あまり長く加熱しません。
右の写真、まだサラ~っとしてそうな、こんな状態で、
火を止めます。
冷めると結構、濃度がつくので、
もうちょっと煮詰める?と不安だけど、
勇気を出して、火を止めましょう~(笑)。

とろみがつくまで煮込んだら、
冷めた時に固まってしまいますよ。(ノД`)・゜・。



このレシピで、ジャム瓶3本、ちょうど。↓
a0165538_09145719.jpg
このブログに何度も登場している、このジャム瓶
ジャムの保存に、ピッタリなんです。
声を大にして言いたい!叫びたい!(笑)すんごくオススメ。↓

ふたは、ゴールドと白の2種。別売りになっています。
容量110mlで、ちょっと小さめ。
小さめサイズって、利点がたくさんあるんですよ。

手作りジャムは、開封したら、
なるべく早く食べきった方がいいです。

大きな瓶にドーンと保存してしまったら、
食べきる前にカビたりして、傷むことも。

小さく、たくさんに小分けして、ちょこちょこ開封しましょう。


季節のフルーツで、いろんなジャム、作りたいですよね~。↓
a0165538_09161719.jpg
左から、すもも、あんず、いちじく、いちご、柚子。



たくさん出来たら、おすそ分けしたい~。↓
a0165538_09174319.jpg
小さなサイズなら、負担なく受け取ってもらえますね。



小さくて可愛いので、ワタシはスパイス入れとしても使っています。↓
a0165538_09155717.jpg



この瓶のいいところ、もうひとつ。

一般的な瓶には、口の部分に肩があり、
ここに最後のジャムがたまって、
スプーンでキレイに掻き出せない~。↓
a0165538_09395913.jpg
どうでもいい、小さなコトなんだけど、
プチストレスなんですよ、少し残っちゃうのって。


さぁ、アプリコットジャム、食べよう~!↓
a0165538_09101589.jpg
あまじゅっぱくて、美味しい~!(´▽`*)
砂糖の量が多いけど、あんずは酸味が強いので、
これくらい砂糖を入れても大丈夫!
怯まず、入れてください!(・´з`・)



りんごのシーズンですね。
こんなレシピも。↓



今日も、見てくださって、ありがとうございます!

アプリコットジャムおいしそう~って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


材料と道具とレシピはこちらで。↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓


a0165538_10064878.jpg




[PR]
by takacoco7 | 2017-10-28 10:19 | お菓子・ジャム | Comments(0)

「お野菜キーマカレーのもちもちナン」キーマカレーを仕込もう編

a0165538_08581949.jpg
「お野菜キーマカレーのもちもちナン」
前回は、ナンをご紹介しました。



今日は、トッピングのキーマカレーを仕込みます~。
a0165538_09534066.jpg


材料こんな感じで。↓
a0165538_09535524.jpg
なにが、どう、「野菜の」キーマカレーなのか。
水の代わりに野菜ジュースを使うんです。

おすすめの野菜ジュースは、フルーツが入ってないか、
フルーツが少ないもの。
なんか、野菜くさくて飲みにくいわ~ってのが向いてます(笑)。



生姜とにんにくを炒めたら、玉ねぎを炒めます。
玉ねぎを、早く茶色く炒める小さなコツを
レシピに書きました。


豚ひき肉を加えてさらに炒めて~、↓
a0165538_09540495.jpg



カレー粉も入れます~。
ここでは、インディアンカレーを使用~♪↓
a0165538_09541439.jpg
野菜ジュースを入れたら、煮込みは10分くらい。
長時間煮込まなくても、野菜ジュースのおかげで、
野菜の旨味がギュッと詰まった、深い美味しさになりますよ。



これくらい煮詰まったら~、↓
a0165538_09541840.jpg
生クリームを入れて完成~。



なんておいしそう~(*´▽`*) ↓
a0165538_09542621.jpg


ナンにのせて、焼こうか♪


ナンにキーマカレーを広げたら、
コーンフレークをぱら~!(口は100均で買いました) ↓
a0165538_09560342.jpg
カリカリ感が加わることで、揚げたカレーパンを食べてるような、
小気味よい食感がうまれ、とってもおいしいんですよ。

暑くて揚げるのイヤなんだもの。
こうやってサクサク感をプラスしますよ。


枝豆とプチトマト、モッツアレラチーズ。↓
a0165538_09544050.jpg
細かいことなんですけどね、

野菜→チーズの順にのせると、野菜はジューシーに仕上がるけど、
見た目、チーズしか見えなくて、彩り的に残念(笑)。

チーズ→野菜の順にのせると、カラフル野菜が目を引くけど、
枝豆などはちょっと干からびてしわしわ~。(笑)

お好みで~。

トースターで焼いたら、
キーマカレーとろ~りチーズのっけもちもちナン(長いわ)の出来上がり!↓
a0165538_10195059.jpg



いただきまーす! ↓
a0165538_10172212.jpg
いやーん!おいしい~!美味しすぎる~!(*´ω`*)
上の写真では、焼き上がり後に、追いコーンフレークしています。

もっちもちのナンのやわらかさ、
カリカリカリ!っとコーンフレーク、
野菜の甘さが美味しいカレー、
じゅわっとジューシートマト、とろりんチーズ・・・。

美味しすぎて悶絶~~~!

絶賛自画自賛中です。
そっとしておいていただければ。


暑くてパン作りも滞りがちだけど、
短時間で簡単にできるので、
よろしかったら作ってみてくださいね♪




今日も、見てくださって、ありがとうございます!

お野菜キーマカレーのもちもちナンおいしそう!って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


材料と道具とレシピはこちらで。↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓



「秘密のカレーパン」作ってみたい!↓
a0165538_09313594.jpg






[PR]
by takacoco7 | 2017-08-03 08:31 | ぱん | Comments(0)

【レシピ】お野菜キーマカレーのもちもちナン!まぁるいナンを焼こう編

a0165538_09045677.jpg
「お野菜キーマカレーのもちもちナン」

夏だ!カレーだ!ナンだ!
ということで、(どういうこと?)
もちもちナンのレシピをアップしました。


準強力粉のレシピが多い中、
もっちもち感を前面に押し出すため、春よ恋100%で作ります。
2次発酵しないので、短時間でできますよ。


ナンは、厚いところ、薄いところがランダムにあり、
食感の違いがある方がおいしい~と、個人的に思っています。

成形は、厚みを均等にしない方法で!



こっち持ち上げて、びよーん。↓
a0165538_08584996.jpg
生地の重みで、自然に伸びるのを待ちますよ。
光を透かして見てくださいね。
薄くてスケスケあり、厚くてぽってりあり。
それでイイんです。




下から手を入れて、ぐいーーーん。↓
a0165538_08585431.jpg
ヨーグルトも配合されていて、
水分も少々多め、やわらかい生地です。のびるのびる~。



持つところ変えて、こっち側もびよーん。↓
a0165538_08593460.jpg
まぁるい形に整えてください。

ナンって、しずく形のイメージですよね。
実は、本場インドでは、ほとんどが丸いんですって!!!
インド人シェフが言ってました。
ワタシも、まんまるナンを採用♪




ナンは、高温で一気に焼くと美味しいですから、
オーブンでは、熱の当たりがちょっとやわらかい。
フライパンで焼きますよ。

油をひかず、フライパンにのせたら、
触らずに待ちます~。↓
a0165538_08594062.jpg
2分ほど焼くと、下の写真みたいに、
ぼこぼこと、ムラムラ全開(笑)で膨れます。
こうなったら、ひっくり返して、ふたをし、さらに2分。




焼き上がり♪ ↓
a0165538_09003250.jpg
いや~、めっちゃイイ感じ(*´▽`*)



このナンは、しっとりもちもちが命です!
網の上で冷ましたまま放置して、あ、忘れてた、
めっちゃ乾燥してしまったわ、長いこと空気にさらしたな、
なんて、絶対いやよ!お願い!

ほの温かさが少し残る段階で、重ねます。↓
a0165538_09003629.jpg
お互いの水分を保持し合って、乾かないように。
袋に入れて保管。

袋から取り出した時は、
吸いつくようなしっとり感、もっちりもちもり、
手で持つと、くんにゃり♪しなやかに、しなります。

あーーー、もう、カレーなくてもナンだけで美味しいわ。



いや、やっぱりカレーも仕込みましょ。


次回は、「キーマカレー仕込もう編」です。

次回まで待ってられない方は、
レシピへGO!→お野菜キーマカレーのもちもちナン


今日も、見てくださって、ありがとうございます!

もちもちナンにカレーのせたい!って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


材料と道具とレシピはこちらで。↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓


カレーパン特集でピックしていただきました♪
 ↓
a0165538_09313594.jpg





[PR]
by takacoco7 | 2017-08-02 09:39 | ぱん | Comments(4)

【レシピ】全粒粉入りベーコンエピ

a0165538_11592137.jpg
「全粒粉入りベーコンエピ」!

テロワールピュールを使って、
すんごーく美味しいエピを作りました~♪絶品~(*´▽`*)

ワタシがバゲットを作る時に使っている粉、テロワールピュール。
コッタさんで取り扱いが始まりました♪ ↓

このレシピ、そんなに加水は高くないけれど、
ちょっとべたつくので、
へらで合わせて、パンチで生地をつなぎます。↓
a0165538_11584982.jpg
テロワは、うまみが強く、美味しい粉です。
長時間発酵でさらにおいしくなるので、
イーストを減らし、冷蔵庫で1晩かけて発酵させますよ。



1回目のパンチと、2回目のパンチの様子。↓
a0165538_11585670.jpg
1回目は、引っ張ったら、ちぎれそうですね。
時間とともにグルテンが形成され、
2回目はびよーんと伸びるようになりますよ~。


3回パンチを入れたら冷蔵庫へ。


翌朝には、こうです。↓
a0165538_11593796.jpg
ゆる~っと、ふかふか~っと。


台に出して、2分割。 ↓
a0165538_11594076.jpg
底面には、網目模様が出来てますね。
うまく発酵してます~。



成形。
ベーコンの巻き方はいろいろありますけど、
ここでは、こんなふうにしていきます。↓
a0165538_11593177.jpg
左右から折って中心で合わせ、
合わせたところを芯にして、半分に。


そうするとね、
クラムの、もっちりした真ん中部分が多めで、
その周りをベーコンがぐるりとキレイに巻いて、
ベーコンの周りに、薄くてカリカリのクラストがきます。↓
a0165538_12102753.jpg



チョキチョキするときのポイント。


ハサミを当てたら、ぐいっと押して、
生地をプリッと張らせてから、切ります。↓
a0165538_11595277.jpg

ちょきんと切ったら、ぐいっとね。
底部分まで、しっかり深く、切り込みます。
薄皮一枚、つながっている感じ、これくらいね。↓
a0165538_12000491.jpg
もし、切り離しちゃっても、
焼き上がった時にはくっついてますから大丈夫~。
コワがらないで、深く切って~!


バランスよく、リズムよく、切っちゃって~。 ↓
a0165538_12001032.jpg



高温で、しっかり焼いてね~♪ ↓
a0165538_12003402.jpg
テロワールピュールで作ったベーコンエピ、
とってもおいしいです。

このレシピは、生地が美味しいので、
なんなら、ベーコンなしでも美味しいですよ。↓

ベーコンの代わりに、ハムやウインナーもオススメ♪



今日も、見てくださって、ありがとうございます!

ベーコンエピおいしそう!って思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


材料と道具とレシピはこちらで。↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓




シックなグレーも仲間入り ↓
a0165538_09260947.jpg







[PR]
by takacoco7 | 2017-07-07 09:34 | ぱん | Comments(2)

【レシピ】フルーツとナッツのどっしりカンパーニュ

a0165538_10523106.jpg
フルーツとナッツのどっしりカンパーニュ!

お気に入りの準強力粉、Fナポレオン
リスドオルと同じような使用感、味わい、扱いやすさも似ています。

コッタさんで扱いが始まったので、
早速、使っています♪

あっさりした味わいで、フルーツやナッツと好相性♪


フィリングちょっと多めだけど、成形で巻き込むより、
生地に練り込んだ方が断然おいしいので、
手で切り混ぜよう~。↓
a0165538_10535294.jpg
生地を広げて、フィリングを散らし、
真ん中を手で絞って切り、片方の生地を
天地を返さずに、もう片方に重ねます。
これを繰り返して、生地→フィリング→生地・・・、
と層にして、丸めます。




まとめた生地は、タッパに入れて発酵開始~。↓
a0165538_11121547.jpg
ふっくらしたら、発酵完了。




生地を台に出します。↓
a0165538_10551366.jpg
ゆるく丸めなおして、容器をかぶせ、
ベンチタイム~。




成形は、簡単♪ ↓
a0165538_10554419.jpg
楕円に伸ばし、上下からたたむ。




合わさったとこを芯にして、半分に。↓
a0165538_10561302.jpg
布取りします。


ラム酒しみしみのフルーツをたくさん入れた生地は、
布取りすると、パンマットが汚れますね。


ワタシは布巾を間に敷いて、布取りします。
こちらのふきんは、パン生地がくっつかず、
じゃぶじゃぶ洗えて、ちょーオススメ~♪


焼く前に、粉をふって、手でなでつけます。↓
a0165538_10564426.jpg
オーブンで、スチーム入れながら焼きます~。




完成~♪ ↓
a0165538_10571679.jpg



フルーツやナッツたっぷりのパンです。↓
a0165538_10530137.jpg
少し薄めに切って、召し上がってください~。


レシピはこちらです。↓

フルーツの一部を、オレンジピールに替えると、
これまた、爽やかさが増して
おいしいよ~♪(*´▽`*)



今日も、見てくださって、ありがとうございます!

どっしりカンパおいしそう~!って思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


材料と道具とレシピはこちらで。↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓


a0165538_10301956.jpg






[PR]
by takacoco7 | 2017-07-06 10:32 | ぱん | Comments(2)

【レシピ】プルアパートブレッド oishii

a0165538_15125181.jpg
昨日、ご紹介した、小さなふすまカンパ。
プルアパートブレッドにして、スキレットでサーヴすれば、
なんだかオサレなテーブルになるような、ならないような?(^^)



プルアパートブレッド、ご存知ですか?

海外のSNSから話題になって、
最近ではインスタグラムでも、よく見かけます。

Pull(引っ張る) Apart(ちぎる) Bread(パン)という意味で、
まさに、大きく焼いた、ダイナミックなちぎりパン♪



作り方は簡単~、はい、いきますよー。



お好きな具材を用意~。
今回は、色を重視して、アボカドやトマトをチョイス。
パンに、格子状の切り込みを入れます。↓
a0165538_15123321.jpg
完全に切り離してしまわないように。
でも、浅いと具が入らないので、しっかり深めに。
切り込みのあらゆる面にケチャップなどを塗って、
具を詰め込む~♪これが楽しい(*´▽`*)



さらにチーズも、ドバーンとね。
ピースを引っ張ってちぎった時に、
チーズがびよよーんとなる方が楽しいので(笑)、
ピザチーズの上に、さらにモッツアレラをのせると、なおよし。↓
a0165538_15123682.jpg
トースターで焼きます♪
高さがあるので、上のヒーターに近くてこげる~!
ってときは、アルミホイルを。
それでもコゲるという方は、オーブンで焼いちゃいましょう~。



残った具材は、そのままサラダに(笑)。↓
a0165538_15124740.jpg
好きな部分を、好きなだけちぎって食べるプルアパートブレッドは、
大勢でワイワイ楽しむのにぴったりなパンです。


グダグダ言ってないで、チーズがとろりんのうちに、
早く食べよう~♪




いただきまーす!↓
a0165538_15134258.jpg
こっちを引っ張ればウインナーが。
そっちを引っ張ればトマトがついてくる。
いろんな美味しさが堪能できます~。


まぁるい、小さめカンパーニュやブール、
フランスパンでも美味しく作れます。
何なら、買いパンで作ってもいいのよ~(笑)。

レシピに小さなコツも書いています、
よろしかったら、ご覧くださいませ。↓


今日も、見てくださって、ありがとうございます!

プルアパートブレッドって楽しそうだ~って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


材料と道具とレシピはこちらで。↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓


4月20日(木)16:00まで! ↓
a0165538_09104187.jpg






[PR]
by takacoco7 | 2017-04-20 09:14 | ぱん | Comments(4)