<   2010年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

石窯ドームで栗シュークリーム!と、残ったカスタードの行方♪

今年の夏に購入したオーブンレンジ、石窯ドーム。
自動調理コースで使ったことないもの、たくさんあります。

では、久々、石窯ドーム使用感レポ!いきますっ!

シュークリームコース!
a0165538_916720.jpg


先日、作った、栗の渋皮煮を使いたかったというのもありますし、
ケーキ仕様のカスタードを炊きたかったというのもあります。



レシピは手持ちのレシピ本から。


「シュークリームコース」は、ほほう、スチームが出るんですね。
取説には、「スチームを使用しないシューに比べて、こんがりと焼き色がつく」と
記載されています。
写真もこんがり、ごつごつした感じ。

天板1枚に全てしぼりました。

シュークリームコースにお任せして焼いてみます!


自動で27分に設定されます。


もこもこ、膨らみ始めました。 ↓
a0165538_9231593.jpg




このくらいで、膨らみきった感じでしょうか。 ↓
a0165538_9235843.jpg





シュークリームコースで予熱を開始し、生地を入れて、焼成スタート。
初めの5分は、シューッ!シューッ!と、音がしています。
スチームは見えませんでしたが、蒸気が出ていたようです。

5分後、シューッ!は止まり、オーブンの音が変わります。
ゴーーーッ!

そして、残り5分のところでも、音が変わりました。
焼成の様子は、どう変わっているのかな。
温度や熱風の勢いが変化しているのかしら。(←勝手な想像ですが。)


むむ、焼成後、24分経ったところで(残り3分)、焼き色が十分について、
一部、濃いくらいになったので、ここでストップ。


シューを冷ましている間に、カスタード作り。
先日のクリームパンに比べて、配合もリッチ。バターもお酒も入ります。




星形の口金をつけたしぼり袋で、カスタードを絞って、渋皮煮をサンド♪
a0165538_9302443.jpg




少しさみしい?ベランダからミントを摘んできました♪
a0165538_93138.jpg



栗って茶色いし、見た目が地味ですよね(^^;
ミントがあってよかった♪



シュークリームコースでの焼成は、取説通り、ハードな焼き上がりでした。
こんがりとした焼き色も美味しそう。
しっと~り、やわらかいシューがお好みの方は、手動オーブンで焼いた方が
いいかもしれませんね。




・・・・



そして、残ったカスタード。

ふふふ、この、ケーキ仕様の、リッチで、とろりとゆるいカスタードで、
クリームパンを作ってみました。
a0165538_9365250.jpg



ゆるいなりにも、包みにくいということはなかったです。

でも、パン生地の端っこの切り込みのところから、焼成中にクリームがでろでろ~!
たくさん出ちゃいました(^^;)



パン屋さんのカスタードと、ケーキ屋さんのカスタード、
どちらも美味しいですが、味も食感も違いますよね。

ケーキ仕様のカスタードを包んだクリームパンは、クリームパンじゃないような味でした。
やっぱり、ケーキを食べているみたい♪


結論!
どちらのカスタードを包んでも美味しいです~(^^)





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-10-30 09:42 | Comments(18)

日清インスタントラーメン発明記念館♪

今日はパンのお話からはそれますが、美味しいモノのお話(^^)
今回も写真、多いです、さらっと流してくださいね~。


先日、大阪府池田市にある、日清のインスタントラーメン発明記念館
行ってきました!
a0165538_9453276.jpg




館内には、巨大なひよこちゃん!
これ、ヒトよりかなり大きいですよ。 ↓
a0165538_9461735.jpg



カップヌードルとチキンラーメンを中心とする、日清のインスタントラーメン。
開発の秘話や、歴史を見ることができます。
ここ、入館料が無料なんです!

普段、あまりインスタントラーメンって食べないんですけれど、
たま~に、無性に食べたくなるんですよね(^^)



ここでは、自分だけのオリジナルカップヌードルを作ることができます!




雑菌が入らないように、ふたで閉じられた、空っぽの容器。
a0165538_9501372.jpg





まずは、この容器にお絵かきをします(^^)
a0165538_951666.jpg

色を塗ったり、ひよこちゃんの絵を描いたり。
お手本のイラストがあるので、それを真似て描いたんですが・・・、
自分の絵心のなさに衝撃を受けました(笑)。




容器に材料を詰めていくのは、
ガラスで仕切られたカウンターの向こうで、スタッフのお姉さんたちがしてくれます。
衛生上の配慮ですね。



お姉さんが、カップに乾燥めんを入れます。
a0165538_1023587.jpg

いえいえ、カップに入れるのではなく、麺にカップをかぶせるんだそうですよ。
これがポイントだそうで、その工程を小さな機械で行います。




そして、スープ選び。

いわゆる「普通」のカップヌードル味、シーフード味、カレー味、塩味。
う~む、どれにしよう?
a0165538_95765.jpg



そのあと、具材を4種類選びます。
どのスープに、どの具材が合うかなぁ、市販品と同じじゃつまらないし、
趣向を凝らした(?)自分だけの組み合わせ!
悩みます~!
a0165538_1043728.jpg


よ~し!決めた!

私は「普通味」のスープに、
チェダーチーズ、アスパラガス、ひよこちゃんなると、いろいろキノコ(季節限定)!

オットは、シーフードのスープに、
キムチ、ガーリックチップ、チェダーチーズ、ひよこちゃんなると!



こんなふうに詰め終わりましたよ! 
a0165538_1095437.jpg





次は、アルミの蓋を圧着します。
すごい機械ですね~、ミニサイズの機械でこんなにごついんですから、
工場ではもっと迫力あるでしょう~。
a0165538_10113656.jpg





ふたが貼り付けられたら、容器をビニールに入れます。
a0165538_10122746.jpg






熱風が吹き荒れる、オーブンのようなマシーンの中を、
ベルトに乗って移動します。
a0165538_10132583.jpg




その数秒の間に、ビニールは熱で縮み、容器に密着!
完全に密封されます。




出来上がったら、まるでUFOキャッチャーの景品のように、
下から、コロンと出てきます(^^)

完成~!取り出します~♪
a0165538_101551.jpg

これね、ふたの部分の、商品名の記載は、
「世界で一つだけのカップヌードル」というんですよ(^^)



カップヌードル作りのほかに、チキンラーメン作りのコーナーもあります。

こちらは予約制のため、体験できなかったのですが、
粉から麺をこね、機械でのばし、裁断。
茹でて、揚げて、パッケージする、という、
本当に一から作る体験実習です。やりたかったな~。
(粉モノ、こねるの好きですから!)





他にも懐かしい、こんな自動販売機の展示も。
a0165538_10182723.jpg

私はこの自動販売機、知らないんですが、
オットは「懐かしい!ここ、真ん中からお湯が出るねんで~!」と
楽しげに教えてくれました~、へ~、そうなのー。(^^)






そして、手作りオリジナルカップヌードルは、賞味期限が短い!

ということで、さぁ、食べましょう!




ふたを開けます!感動の瞬間!(笑)
a0165538_10215685.jpg






お湯を注いで・・・、
a0165538_102354.jpg




待つこと3分。

いただきま~す♪ ひよこちゃんなると、カワイイ~~♪
a0165538_10234544.jpg





オリジナルとはいえ、既存のスープに既存の具材を入れるだけなんだから、
市販品と大して変わらない味なんだろうな・・・、

そんなふうに思っていました。
食べるまではっ!!!


でも、市販品の、あの味は、
あのスープ、あの具材だからこその味であって、
少し具材が変わるだけで、全く違うヌードルになっていました。

新しいワ~、このヌードル!

私の、結構、美味しかったですよ、
商品化できませんか?日清さん(笑)。(言い過ぎました、スミマセン(^^))





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-10-29 10:33 | Comments(4)

シュガーバターまるパン、スイートブール、レーズンクノート♪

はーい(^^)
写真がたまっているので、今日も流しますよ~(笑)。
ついて来てくださいね!



自家製酵母(紅玉)でシュガーバターのまるパン! ↓
a0165538_920492.jpg



春よ恋×紅玉酵母元種

お砂糖とバターが少し多めの、リッチ生地です。


1次発酵は25℃で5時間。
私の中では驚異的な早さです。

先日のクリームパン用にカスタードを炊いた時、卵白が余ったので
冷凍保存していました。
ホイロ後に卵白を塗って、はさみで十字にカット!
グラニュー糖をパラリ。バターも、ぽちょん。ついでに、あられ糖も少し(^^)

全卵を塗ると、黄色っぽい、こんがりした色がつきますが、
卵白のみだと、色味がつかず、自然な艶になるような気がします。

焼成時に、十字に切ったところがもりもりーっと膨らんで、
のっけたはずのあられ糖が、どこかに吹っ飛んでいました(笑)。


いただきま~す♪
a0165538_9261690.jpg






お次は、スイートブール! ↓
やわらかいビス生地を、ぐるぐるしぼってから焼きます。
a0165538_9271687.jpg


春よ恋×紅玉酵母の元種


このパンは、私の自家製酵母パン歴の中で、
一番ふっくらと、かる~~く焼きがりました!
まるでサフで焼いたかのようなふっくら感、軽さ。
クラムも、小さな、きめの細かい気泡がたくさんあって、ふかふかでした。

自家製酵母のパンは、どっしりと重いものだと思っていたけれど、
こういう、軽い方が美味しい菓子パン生地も、ほわほわに作れるんだなぁって
初めてわかりました。

菓子パン生地は、卵黄が入ることが多いですが、これに入れていません。


190℃で15分。
途中、前後入れ替えあり。
ちょっと色がつき過ぎたかな~。180℃でもよかったかも。




はい、次~♪

レーズンクノート! ↓
こんなのが・・・・
a0165538_9341895.jpg




こんなふうになったら、焼きますっ!(わぁ、色が違う) ↓
a0165538_935628.jpg





焼けました~いい色です~♪少しホイロオーバー(^^;) ↓
a0165538_9354694.jpg

スーパーカメリア×紅玉酵母元種
仕込み水は牛乳です。

リフレッシュした酵母エキスで元種を作ったので、1次発酵も早いかと思ったけれど、
25℃で9.5時間かかりました。でもちゃんと3倍くらいに膨らんで、ふわふわに。






いただきま~す♪ ↓
a0165538_9363575.jpg

a0165538_9365037.jpg



生地を細いひも状にのばして、結びます。
こういう成形の時は、ひきが強くなり、私好みです(^^)





最後にこっそりアップ(^^)
Ameliaさんからいただいた、黒糖カレンズ山(自家製酵母)!↓
a0165538_949077.jpg


a0165538_9492160.jpg


しっとりしていて、黒糖の深い味わい、カレンズの甘酸っぱさ、酵母の香り、
あぁ、とっても美味しかったです~~。
いつもありがとう~(^^)





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-10-28 09:48 | ぱん | Comments(14)

山食と、バゲと、堂島ロール♪

なんだか写真がたまってきました。
今日は、さらっと流しますよ~(^^)


飽きもせず、山食焼いています。左側~♪ ↓
a0165538_11141561.jpg


右側~♪ ↓
a0165538_1115107.jpg

左右の伸びを同じようにしたい!という努力のもと、この程度の差なら、いいかな。

いつもの、
リスドオル+スーパーキング×サフ



冷めてきましたよ。パキパキ~! ↓
a0165538_11171154.jpg




・・・・・・・



そして、バゲット!
a0165538_11191994.jpg




粉は、フランス。
イーストは0.15%ほどです。

加水73%にしましたが、もっと入る感じ。


普段は3~4回巻くんですが、今回は2回にしてみました。

クープは3本。
カードで薄くしるしをつけてから入れました。
カードの長さが、クープと同じ長さなので便利。


a0165538_1122961.jpg



クープは1か所、開きませんでしたが、ここはぐいーんと。
全部、こうだったらいいのになぁ。


過熱水蒸気300℃に予熱、生地には霧吹き。
生地入れ後、250℃に下げて8分、
オーブンに切り替えて210℃で17分。

焼成率は21.5%でした・・・。あらら・・・。



上の山食も、このバゲも、お友達のおうちにお届けしました。
なので、カット写真、なしです。




・・・・・・・




有名、かな?
大阪の堂島ロール。


大阪に住んでいながら、ずっと食べたことなかったんですが、
先日、いただきました。

a0165538_1126716.jpg

a0165538_11262214.jpg




私、生クリームが得意じゃありません。
生クリームがどっさりのロールケーキは、少々苦手ですが、
このクリームは軽くて美味しかったです。
初めて、胸焼けせずに、最後まで美味しい!と完食しました!
生地の部分も、しっと~り、やわらかく、軽いクリームと合っていました。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-10-27 11:36 | ぱん | Comments(15)

紅玉酵母でクリームパン♪ と、山食(サフ)!

元気な紅玉酵母で、クリームパン♪
a0165538_9414791.jpg


私のクリームパンは、塗りたまもスライスアーモンドもなし。
完全にすっぴんで~す。



スーパーカメリア×紅玉酵母の元種


1次発酵は、室温26℃くらいで5時間。
うはー、すでに過発酵気味!?うっかりしていました。

10時間以上かかることもザラなので、つい油断しがちです(^^;)


カスタードクリームは、レシピ通りに作ってみました。
あら、バターが入っていないんですねぇ。
コクがなくてあっさり?と思ったけれど、美味しかったです。


クリームパンのカスタードは、パン用のカスタードの味がしますよね。
お菓子のカスタードとは少し違う。
包みやすいように、かためだし。

これはこれで好きですが、カスタードクリーム大王のオットは、
ケーキ用のカスタードを包んでほしいと言っていました。
あんなにゆるくて、包めるかなぁ?




いただきま~す♪
a0165538_9472933.jpg





クリームの上の空洞・・・、多少はしょうがないんですけれど、大きすぎました~。
どうにかならない?(^^;)




・・・・・・




それから山食!
またまたうっかり(最近、うっかりが多すぎ・・・)ホイロオーバー(^^;)

こんなに大きくなっちゃった! ↓
a0165538_957726.jpg



リスドオル+スーパーキング×サフ



焼成は、過熱水蒸気250℃で予熱、
生地入れ後、スイッチを切って、8分放置。

その後、オーブン200℃で20分、
色を濃くしたいので、いつもより高めの220℃に上げて5分、合計25分。

残り2分で前後入れ替え。


はい、焼けました~♪ ↓
a0165538_9592191.jpg



あら熱が取れたら、ぱきぱき! ↓
a0165538_1001175.jpg




スライス~♪ ↓
a0165538_1004033.jpg




・・・・・



おまけ。
彼岸花。

これまた、うっかりしてたら、彼岸花のシーズンが終わってました(^^;)
もう、どこにも咲いていないけど・・・・。
a0165538_1052856.jpg


この黄色いのは、なぁに?これも彼岸花???
a0165538_10544100.jpg






にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-10-26 10:09 | ぱん | Comments(16)

万博公園でコスモス♪ と、持ち寄り弁当!

昨日は近くの万博公園に、コスモスを観に行ってきました♪ 今日は、写真、多いです~。
a0165538_8503259.jpg


万博公園は、うちから歩いて行ける距離。
午後から雨、の予報でしたが、姉たち、姪っ子、オットと出掛けてきましたよ♪
太陽の塔~! ↓
a0165538_8563092.jpg



以前、読んだ「すごい!弁当力」の影響もあって、
それぞれにお弁当を持ち寄って、みんなでつつきましょう~と提案(^^)。


朝からお弁当作りに励むオットと私。
普段のお弁当と違って、行楽弁当は気合が入りますね~。作るのも楽しい♪


私がおかず係。
オットがおにぎり係。


出来たよ~とオットが言うので、見に行ってみたら、えええーーー!?
散らかりすぎじゃないですかっ!?(笑) ごはん粒、こぼれすぎー!↓
a0165538_8584981.jpg




ぜえぜえ、はーはー頑張って作ったお弁当はこちら。地味ですが。↓
a0165538_902312.jpg

a0165538_904058.jpg

他にも、青菜のおひたしなど、お野菜のお弁当箱もあったのですが、写真撮り忘れ。




は~い♪
まずは花より団子!雨が降り出す前に食べましょう~(^^)

みんなのお弁当をそれぞれ広げ、もちろんビールも~♪いただきま~す(^^)
a0165538_941316.jpg




お腹が満たされたところで、お花の観賞♪
a0165538_95153.jpg




裏も好き!星形のがく。↓
a0165538_95492.jpg




こんな、レモン色のコスモスも!とっても爽やかな黄色でした。↓
a0165538_971760.jpg

a0165538_974169.jpg
 




コスモスの小道。 ↓
a0165538_982595.jpg




同じ場所に、ヒマワリもたくさん咲いていました。ふしぎ~。 ↓
a0165538_99169.jpg






他の人が作ったお弁当、自分のと違っていて、とても美味しい♪

姉たちのお弁当は、昔、母が作ってくれたお弁当と、同じでした。
懐かしくて、心の中が、きゅぅ~っとしました(^^)






にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-10-25 09:17 | おでかけ | Comments(14)

バゲット!ふたつの粉の食べ比べ♪(MKTDとニシノカオリ)

もう、1か月ほども前のことなのですが、
Ameliaさんが使ってみてね!と、バゲ用の粉を分けてくださいました(^^)

全部、一気に作って、食べ比べレポを書こうと思っていたのですが、
バゲは、心と時間に余裕がないと取りかかれない私。
まずはこのふたつの粉で作りました~。




メゾンカイザートラディショナル(MKTD)と、ニシノカオリ。

ニシノカオリ・・・・、Ameliaさんのところで、
「鳥の餌のにおいだー!」と大騒ぎになった(?)、あれです。
怖いけど、楽しみ。

袋を開けて、くんくん、んー、特に変わった香りじゃないような。
こねている時も、んー、鳥の餌???わかりませんでした。


焼き上がりはコレです。 ↓
a0165538_1754053.jpg


左がMKTDで、右がニシノカオリ。



クープを入れた様子はコレなのですが、同じ粉量なのに大きさが違う~!
下がMKTDです。
a0165538_1772717.jpg

なんだか、もう、クープを入れた時点で、ダメダメな予感です~(^^;)




MKTDとニシノカオリ、どちらも前日の夜に仕込み、低温長時間発酵です。
パンチは2回。



ハイブリッド300℃で予熱。

クープを入れたら、焼成前に霧吹きしゅっしゅっ。


生地を入れたら250℃に下げて8分。
その後、オーブンに切り替えて210℃で17分。




MKTDのクープ~♪ ↓
a0165538_171284.jpg

a0165538_1712345.jpg

クラストはなめらかで、つやがありました。
メリーっと開いた部分も、気持ち、なめらかな気がします。






ニシノカオリは、これ~♪ ↓
a0165538_17132495.jpg

a0165538_17134651.jpg

おおおー、なんと荒々しい様子!バキバキしています。





MKTD、香ばしい香りが、とっても好き~(^^)
個性のある味です、噛みしめるごとに、しっかり粉の風味。
クラムは、クリーム色です。
クラストは薄く、パリパリっとしていて美味しい。



そして、待望の鳥の餌・・・じゃなかった、失礼、ニシノカオリ。
ん?
んんん?
独特の、穀物の香り。
昔ながらのお米屋さんに入った時のような。
むー。
イヤじゃないけどなぁ?
美味しかったですよ、Ameliaさん(^^)
私、これ、イケます!

クラストはやや厚く、全体的に重め。これは粉というより、私の技量のなさです。



隠しておきたいカット写真は~(^^;) ↓
左がMKTDで、右がニシノカオリ。あぁ、全く気泡なし!普通のパンだ~!(涙)
a0165538_1730916.jpg


こんなバゲしか焼けなくて申し訳ないです~!>Ameliaさん。




そして、このパンに合わせた料理は、やっぱりパスタでしょう!

キャベツ入りのカルボナーラ!
a0165538_17412990.jpg


少しでもお野菜を摂りたい私。
カルボナーラにキャベツは邪道でしょうか~?(^^;

オットも私も、クリームスパゲッティを1人前食べると、胸焼けがするので
(トシですかー!?)
生クリームは牛乳で割って、クリームの濃度を下げています。
あっさりと、するする食べられます。
でも、あっさりすぎないよう、パルメザンチーズが頑張っています(^^)
卵黄のコクもいいですね~。


あ、作ったのはオットです(笑)。

生ハムのサラダ~、このところのお気に入りです。
a0165538_1747227.jpg





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-10-23 17:49 | Comments(10)

紅玉酵母でピザパン! と、背伸びをする文鳥のくうちゃん♪

やる気満々のイケイケ紅玉酵母!(^^)
ピザパンを作りました。


a0165538_9314484.jpg



春よ恋×紅玉酵母の元種

焼成の前に、ピザソースを塗って、ウィンナー、玉ねぎ、ピザチーズをトッピング。
ピザソースは、端っこまで塗りましょう~(^^)
焼き上がったらパセリ♪

パンのふっくら感も欲しかったので、あまり薄くのばしませんでした。
ペラペラにのばしたら、うす焼きピザになったのかな。




・・・・・・・・・




我が家では、文鳥のくうちゃんのために、豆苗は欠かせません。

ある時、買ってきた豆苗が、やたら短かったので、
深めのタッパ容器に入れて、しばらく育てました(笑)。

a0165538_937835.jpg



容器のふちから、わずかに出るくらいの長さだったのが、
2~3日で、ぼーぼーに伸びて(^^)!


くうちゃん、食べたくてしょうがない!!!
精いっぱい、背伸びっ!!!!足がつりそう!(くうちゃん談)
と、届かない・・・。
a0165538_939856.jpg




「あの~、届きません」と、言いに来るくうちゃん(笑)。
翼があるんだから、容器のふちに飛び乗ったらいいのでは?(^^)
a0165538_943856.jpg



結局、食べられなかったので、
手でちぎって食べさせましたとさ。手がかかるんです(^^)ふふふ。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-10-22 09:48 | ぱん | Comments(8)

クッペ(りんご酵母)と、「ベーコンチーズのフィセル」(紅玉酵母)!

ふたつの酵母で、それぞれパンを焼きました。


スーパーで買ってきた、「きおう」というりんごの酵母、あまり元気がなさそう・・・。
ダメもとで、クッペ!


これは、いまからホイロに入るところ。 ↓
a0165538_992819.jpg




私が使っているクープナイフ。↓
a0165538_9115482.jpg


購入したとき、ケースもカバーもついてなかったので、困りました。
刃がむき出しで、収納しにくい。
缶のペンケースを買ってこようかと思っていたけれど、
コップにさして、立てて収納することにしました。
a0165538_9122165.jpg


これなら、サッと取り出せて、パッと片づけられます♪



焼けました~♪ あら、不発(^^;) ↓
a0165538_9134287.jpg


やっぱり、酵母の勢いが足りませんでした。
すこし、みっちり詰まった感じで、重いです。
うーむ。




そして、気を取り直して、こちらは、やる気満々の紅玉酵母で作りました!

fumiさんの「自家製酵母のパンとお菓子の本」より、
「ベーコンチーズのフィセル」!
a0165538_916340.jpg



おおおー、もこもこと、勢いのある元種は、違いますね(^^)
油脂なしのリーンな生地。でも、ちゃんと、ふっくら感があります。


リスドオル100g+タイプER100g×紅玉酵母元種

1次発酵は、室温26℃で6.5時間です。


焼成は、
ハイブリッド石窯250℃で予熱、生地を入れたら、そのまま5分焼き、
その後、オーブン機能に切り替えて、230℃で7分。


セミハードな生地、チーズはこんがりで、もちっとひきがあります。美味しい♪


いただきま~す♪
a0165538_921756.jpg





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-10-21 09:26 | ぱん | Comments(14)

栗の渋皮煮♪

栗ご飯用の栗を剥いて、指を切った私。
懲りずにまた、剥きましたよ(^^)

今回は、渋皮煮用なので、鬼皮だけ剥きました。楽勝~♪
傷がついて失敗したモノは、栗ご飯に転用しました。



重曹を入れての茹でこぼしを3回、
お水だけでの茹でこぼしを2回。
お砂糖は、栗の重量(正味)の50%です。

仕上げにラム酒を少し。私はブランデーよりラムが好きです。


a0165538_9131912.jpg



昨年は、たくさん煮崩れてしまったけれど、今年はうまくいきました。
茹でては水を入れ替え、また茹でて・・・。
思ったより時間がかかってしまって、夕飯の支度の時間とかぶってしまいました。

ということで、
面倒な渋皮の筋取り作業はオットに任せ、私は晩ごはんの支度に突入。



オット、「この渋皮、どこまで剥くん?」と。
「なんぼでも剥けるで~。どこでやめたらええの~?」

これ、どの程度まで剥けばいいんでしょうねぇ?
大きな筋だけ取ればいいんでしょうか?
指で優しくこすると、垢がとれるように、ぼろぼろと渋皮が取れますよね。
取れなくなるまで、しっかりと剥くのかしら?
いつも悩む(^^;)



こうやって瓶に詰めて保存します♪ ↓
a0165538_9214479.jpg



職場のお友達に、少し、おすそわけ♪
お口に合うといいなぁ。


これ、ついそのまま食べまくってしまうんですが(笑)、
パンやお菓子に使いたいな。
何を作ろう?(^^)



渋皮煮で思うこと。

どのレシピを見ても、渋を抜くために何度も茹でこぼしますよね。
でも・・・、でも・・・、私、それをすると、
栗の美味しさも抜けてしまっているように思うんです。
しかもそのあと、お砂糖を入れて煮るので、
完成した渋皮煮は、栗の味より、シロップの味の方が前面に出ている気がします。
ヘタなのかなぁ、作り方。
クックパッドで人気のレシピで作ってるんですけれど・・・。

栗ごはんの方が、栗の美味しさが強く味わえると思うんです。
すごく時間と手間をかけて作るのに、満足した味にならないのが悔しいです~。






にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-10-20 09:30 | お菓子・ジャム | Comments(4)