カテゴリ:ぱん( 1483 )

美味しいバゲットと紅玉、いただきました~♪

いつも仲良くしてくださっているAmeliaさん

手塩にかけて育てている紅玉、いただいちゃいました~(^^) ありがとう~♪
a0165538_15144576.jpg



真っ赤なカワイイりんご、紅玉。

うっそ~ん、お庭でこんなのが採れるなんて、夢のよう♪
それを分けてもらえるなんて、私ってシアワセ者です~!


品種的にも、少し酸っぱいよ、と聞いていましたが、
爽やかな酸味は心地よく、かための果肉もしゃくしゃくと美味しい~!

もったいないから飾っておこうかと言ったら、
Ameliaさんに「新鮮なうちに、はよ食べてーっ!」と言われちゃったので(^^)

届いたその日に、いただきました♪




無農薬ですから、もちろん、皮と芯は・・・・・、

a0165538_15194133.jpg


ふふふ・・・、酵母、起こします。




翌日には、すでにこの様子です。 ↓
a0165538_15205027.jpg






そして、この時すでに、
他のりんごで、酵母を起こしていました。普通にスーパーで買ってきたりんごです。
このりんご酵母で作ったパンは、また改めてご紹介しますね。




じゃじゃーーん!
そしてっ!
Ameliさんのバゲットも届きましたよっ!!!

ふっふっふ・・・。うっれしぃ~~なぁ~(^^)

a0165538_15324370.jpg



Ameliaさんのブログで拝見して、
食べてみたいなぁと思っていた粉、「メルシーフランス」。
このバゲは、リスドオルとメルシーフランス、半々くらいなんだそうです。

私はリスドオル単体でバゲを焼くことが多いのですが、
なるほどー、これは旨みがあります!

リスドオルだけのバゲは、
クセがなく、オーソドックスで、誰にでも受け入れてもらえる味わい。
でも反面、個性がないような、あっさりしてるような、
もう少し、何かがあってもいいような?
私はそう感じます。


でも、これは美味しいですー。
粉の深い風味があります。
もう、バゲの袋を開けた瞬間に、いい香りがほわ~~んと♪


そして・・・。

紅玉やバゲと一緒に、なーんと粉がたくさん、入っていましたー!
わー!宿題が出たーっ!(笑)

あっ、メルシーフランスも入ってる!よし、これで美味しいの、焼くぞ!

わわわわ、ニシノカオリも入ってるがな(^^;
これ、少し前に、Ameliaさんとこで、「鳥の餌みたいなにおいだ」と話題になった・・・。
が、が、が、がんばるーーーっ!





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-09-29 15:53 | ぱん | Comments(10)

地味~に山食、焼いてます♪ と、ゼラニウムの白化。

山食の左右が、均等に伸びる焼き方を、私なりに見つけました。

他にも、違うやり方で、安定してこの結果が得られないものかと、
さらなる工夫を試しています。


a0165538_9345974.jpg



いつものレシピで仕込んだつもりが・・・、
この山食、計量する時に、途中まで違うレシピを見ていました(^^;

あれ?気付いた時には既に遅く、
リーンな山食なのに、砂糖が16gも入ってしまった!!!
(いつもは粉の総量280gに対して、7gくらい)


びよよよ~~~んと、やたら伸びてしまった。

そして、おかげでこんがり、好みの色に焼き上がりましたが~、
冷めた時の、パキパキクラックルは入らず。


ありゃりゃ。




スライス~♪
a0165538_9373193.jpg



計量ミスだー!失敗だー!と思ったわりには、美味しくて、
う~ん、この山食もいいかも、と、
失敗から新しい発見をしました♪




・・・・・・・・・





今年の夏、あまりにも暑かったので、
大切なゼラニウムが白化してしまいました。
高温障害です。

a0165538_9444916.jpg




もう、全ての葉っぱが白い。
そして、茶色く枯れてきています。



元気だった時の姿は、こんなふう。 ↓
a0165538_951871.jpg




母の形見、絶対枯らすものか!と日陰で管理。
祈るような気持ちで夏を越し、涼しくなり始めた、ここ数日、
鮮やかな緑の葉っぱが、イキイキと生えてきました!
あぁ、感涙(^^)
a0165538_9514534.jpg



シクラメンに続き、この子も生きていたんだ~(^^)

新しい葉っぱは、まだ小指の爪ほどの小ささですが、
あちらこちらに、たくさん生えてきています。

ホッ・・・・と胸をなでおろしました♪




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-09-27 09:55 | ぱん | Comments(16)

石窯ドームで山食!左右均等に伸びる焼き方!

お気に入りの頼もしいヤツ、石窯ドーム!

山食を焼くと、向かって左ばかり伸びるのが、悩みでした。

左右均等に伸びないものか、いろいろな方のブログを拝見したり、
また、アドバイスも多数いただきました(^^)
ありがとうございました♪

そして!
やっと自分なりの焼き方を見つけました!

ご紹介しますね、石窯ドームをご使用の皆さまの、お役に立てたらウレシイです。
もしかしたら、ドームユーザーじゃない方にも、少しヒントになるといいな。

あくまでも私のやり方ですから~、上手くいかなかったらごめんなさい~。






まずは、結果を。


はいっ!こちらが左側! ↓
a0165538_9414135.jpg




期待の右側はこれ! ↓
a0165538_9421626.jpg




どうでしょうか~???(^^)
左右同じように伸びてると思うんですけど・・・、同じですよね?(急に弱気・・・^^;)




この時は、これくらいまでホイロを取って、焼成に入りました。
a0165538_9445288.jpg





リスドオル+スーパーキング×サフ

粉の総量は280g(250gから増やしました)

加水は66%で、前回と同じ。

パンチは1回。

3分割。

銅板使用。





石窯ドームは、過熱水蒸気250℃で予熱。

生地には霧吹き。

予熱完了後、型を入れたら、「とりけし」を押して、スイッチオフ。


前回はここで、型を入れた後、何も押さずに、待機させていました。

今回、オフにすることで、オーブンの表示画面に「冷却中」と出て、
どうやら、送風が出ている模様・・・。(ホントかな?)


そして前回は3分放置のところを、今回は6分放置。

この6分の間に、山は左右対称に膨らんでいるように見えます♪



その後、オーブン200℃で20分、
型の前後を入れ替えて、温度は220℃に上げ、さらに5分、合計25分焼成。


で、この焼き上がりです~。



はいっ!
今度は真横からの画像~!左側~!(しつこい?笑) ↓
a0165538_9541450.jpg




そして、右側~! ↓
a0165538_955573.jpg




何度試作しても均等に伸びず、へこんでたので、ウレシイ~(^^)




パキパキに割れました。
ちょっと割れすぎな感じ~(^^;
a0165538_9562047.jpg





スライス~♪ ↓
a0165538_9584845.jpg

a0165538_959596.jpg



さっくさくの、ぱりっぱりで、クラム、もっちり。
美味しかったです~。




・・・・・・・・・




どこへ行っても、ハロウィンですね(^^)

我が家ではキッチンカウンターの上に、おばけさん♪
a0165538_1003849.jpg






にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-09-24 10:03 | ぱん | Comments(16)

シナモンレーズンのねじねじ食パン♪

連休、みなさま、楽しまれましたか(^^)

私は、インテックス大阪で行われたペット博に行ってきました。

わんちゃん連れでも入場できるとあって、
それはそれは、もう、みなさん、自慢のペットたちを連れていました。
ペット博の展示内容より、一堂に会したペットたちを見るのが
楽しかったです~。
普段、見かけない犬種がたくさん!マニアが集まっていました(^^)

ホワイトシェパードのドッグショー、すごかったな~(^^)



・・・・・・




さて。パンのお話!(^^)



ふわっふわのリッチ生地で、
シナモンレーズンのねじねじ食パンを焼きました♪
a0165538_934334.jpg





柔軟性のあるリッチ生地は、全くべたつきません。
四角くのばします。
a0165538_94416.jpg




バターを薄く塗って、ラム酒漬けレーズンを散らし、巻きやすいように手で押さえます。
上から、グラニュー糖、シナモンをふります。
a0165538_97028.jpg






ロールケーキのようにくるくる巻いたら、縦半分に切ってねじり、
型に入れます。
端っこはくるくるしています~♪
a0165538_974497.jpg






スライス~♪
a0165538_98543.jpg

切ったところによって、模様はいろいろ。
レーズンが偏っているところも・・・・(^^;)


これは、お友達に差し上げる用に焼いたものです。
味見、したかったな~。
シナモンとラム酒漬けレーズンの香り、たまりませ~ん♪



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-09-21 09:13 | ぱん | Comments(10)

メロンパンのリベンジ!成形方法、克服しました♪

前回のメロンパン

いろんなところが、要改善、でした。




前回、ビス生地をかぶせたら、こんなふうに下でひだが寄りました。(過去画像)
a0165538_9323086.jpg



めん棒で平らにのばしたビス生地を、球体のパン生地にかぶせたら、
何をどうしたって、ひだひだになりますよねぇ?

いろいろやってみたけれど、行き詰ってしまったので、
職場で仲良しの、パン職人B子さんに訊いてみました。



そして、そのやり方とは。


ビス生地をのばす時に、めん棒は使いません。
指でカーブを描くように押し広げ、お椀のようにのばします。

な~るほど~♪

(工程写真、指が油でべたべた・・・撮れませんでした~(^^;))




それを、丸め直したパン生地にかぶせれば、
パン生地の丸さに、ビス生地が沿うわけですね。

そのあと、両方の手のひらで、コロコロ転がして、ビス生地もろとも、丸めます。


で、できたのが、こちら~♪ ↓
a0165538_9395285.jpg

裾にひだひだが寄っていませんよね(^^)





裏返した底の部分にも、ビス生地がかぶるので、
ホイロでパン生地がふくらんで持ち上がっても、ビス生地が浮いてヅラに・・・、
なんてことにはなりません。
a0165538_9414393.jpg


 


こちらも、うん、よかった、ひだひだになっていません。
筋をつけたら生地が馴染んで落ち着くのでは?というご意見をいただいたので、
今回は筋をつけたものも作りました。 ↓これ、深すぎた疑惑・・・(^^;)
a0165538_9425458.jpg





成形後のメロンたち。 ↓
a0165538_945174.jpg





ホイロ後のメロンたち。 ↓
a0165538_945479.jpg




ホイロ後、ビス生地は、ずり上がっていませんよ~♪
a0165538_9464248.jpg





そして、焼成。
前回は、メロンパンコースで、設定時間通り、12分30秒、焼きました。

残り1分半のところで、オーブンが静かになり、パワーダウン!

これはどうしうたことか!?と、東芝さんに訊いてみました。



通常は、焼成終了まで同じパワーで焼くのですが、
温度が上がりすぎたとオーブンが判断した時は、すぅーっとパワーを弱めるそうです。
そうですか。うちのオーブンは、やる気満々過ぎたんですね(笑)。

でも、焼き上がり、どうにも粉っぽく、焼きが甘い感じ。
色も全く付きませんでした。



で、今回もメロンパンコースを利用しました。

オーブン付属の天板は、レシピが指定する通りに、あらかじめ庫内で予熱しておき、
予熱完了後、オーブンシートごと生地をのせて、焼成スタート。

またもや残り1分半のところで、パワーダウン。

焼き上がりは、以前と同じように白い~。

180℃で2分半、追加焼きしました。合計15分。



はいっ!焼けました~(^^)
a0165538_9544234.jpg

ほんのり色がついて、私の好きな焼き色です♪





れれれ。
こちらは筋が深すぎたようです。筋のところでビス生地、切れてます~。
a0165538_958297.jpg





おひとつ、どうぞ~♪
a0165538_959116.jpg





私は、こんなふうに、模様のないのが好きですが、 ↓
a0165538_9594194.jpg





筋をつけるとしたら、こんな模様が好き♪ ↓
a0165538_100225.jpg





カット~♪  ↓
a0165538_1011282.jpg

あらら???
あ、穴?(^^;)




成形方法、焼成方法、今回はまずまずでした。
後、改善するべきところは・・・、ビス生地の配合ですねぇ。
私はカリカリっと、もしくは、ガリリとした、ハードなのが好きです。
ちょっと物足りないな。


・・・・・・・・




製菓製パンの材料屋さん、富澤商店さん。

今月8日、京都に直営店がオープンしたときいて、行ってきました!

JR京都駅、伊勢丹ビルの地下です。

富澤商店さんが、どどーんとお店を構えているのかと思ったら、
デパ地下のお惣菜や食材売り場の一角に入ったようで、
想像していたより、小ぢんまりしていました。

でも、ものすごいスタッフの人数・・・。
これ、なんだろう?と思った瞬間、ささっと寄ってきて説明してくださいました。


粉を買って帰りました~。
でも、粉って、電車で買って帰るには、重すぎる~!(笑)
やはりネットで注文・・・・がお手軽ですね。
えぇ、わかってはいたんですが、実店舗、見てみたかったんです。
面白い材料が整然と並んでいて、楽しかったです。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-09-18 10:15 | ぱん | Comments(16)

バゲット♪ 帯切れにならないで~!

久しぶりにバゲット焼きました(^^)



ふふふ・・・、最初の1枚は、お気に入りのクープから(笑)。
a0165538_925116.jpg




粉はフランス。
微量のサフ。
加水は70%です。



フランスという粉。
クオカさんのお話では、


皮が薄く、中がもっちり。
サクッと歯切れが良く、食べやすいフランスパンに。


とありますが、私がこれまで作った中で、
クラムは一番ふんわりしたように感じました。



今までずっと、成形の時に、あまり押さえていなかったのですが、
今回は、やさしーく手で押さえて平らにならし、
上から1/3、下から1/3を折って、そのあと3回巻き。




クープはこんなふうに。 ↓
a0165538_936176.jpg

写真のように、自分から見て、横向きに置いて、刃は手前から向こうへ入れています。
帯切れしないように、間隔や長さを気にしつつ・・・。





深さはこんなふう。こんなのでいいのかなぁ??? ↓
a0165538_9382468.jpg





今日はひとつ、新しいこと。

打ち粉に上新粉を使ってみました。
生地と同じ準強力粉を使っていたのですが、いっぱいふっても、くっつく。
ホイロの後なんて、下も横も、パンマットがくっつく。困っていました。

上新粉は粒子の手触りが全然違います。
全く、生地がべたつかず、また、上新粉は生地に馴染まないみたいです。
これはいいわ。

教えてくれてありがとう♪



さて、焼成。

銅板を入れて、過熱水蒸気300℃で予熱。

生地には霧吹き。

オーブンシートを滑らせて、銅板に生地をのせます。

生地入れ後、過熱水蒸気のまま、250度に下げて8分。

スチームを止め、オーブン機能、210℃で17分。(前回より温度を下げました)

合計25分。

残り5分のところでパンを180℃回転させています。




で、焼き上がりはこれです。 ↓ 写真の上側が、オーブンの奥、手前が扉側。
a0165538_945726.jpg



焼成率は24.0%でした。



私にしてはキレイな姿(^^)
嬉しくて同じような写真が何枚も!上のクープ、開かなかったけれど・・・。
a0165538_9485540.jpg





ここのところ、好きです~♪
a0165538_951130.jpg




パキパキパキ・・・・・・、音がしました。
あれこれ、写真を撮りまくっていたら、横がパキパキとひび割れてきました~。
a0165538_952315.jpg





カット~♪
a0165538_9541356.jpg

a0165538_9543132.jpg





クラストは薄くて、サクッと。
スクランブルエッグと、茹でたオクラをのせて、ケチャップでいただきました~♪
a0165538_1051375.jpg




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-09-17 10:07 | ぱん | Comments(8)

トマトのフォカッチャ!(プチトマト酵母)

昨日、ご紹介したプチトマト酵母。
ぶくぶく元気な泡が立ったので、フォカッチャ、作りました♪


元種は作らず、酵母液ストレートで。



プチトマトの実も入れて、HBでこねました。
実がつぶれて、とてもきれいなオレンジ色!(向こうに見えてるのは冷まし中のシフォン)
a0165538_8343040.jpg

皮がところどころに残って、アクセントになっています♪




が、しかし。



1次発酵、29℃くらいで12時間おいても、目標の3倍に膨らまず・・・。
2倍になったかどうかもアヤシイ感じ。
膨らんだというか・・・だれて、広がっただけにも見える。
うーむ、いや~な空気が漂ってきました(^^;)

タイムリミット。もう寝るっ!(笑)
冷蔵庫へ入れて、おやすみなさーい。



常温に出して1時間おいたら、分割。成形。

ホイロも、もう待てん!というくらいおいて、
ええい!焼いちゃえ~~~!


4個のうち、2個は、ウィンナーとピザチーズをのせました。
残り2個は、オリーブオイルを塗って、塩と黒コショウ。





焼けました~♪
a0165538_8371155.jpg



210℃で15分。
途中で、天板の前後入れ替え。



ぱくっ!
おおーー、すごくトマトの味!当たり前ですが~(笑)。


トマトが甘酸っぱくて、チーズをのせた方、ピザみたい(^^)



味は、とても美味しかったです。
でも、パン生地が、むっちり、もっちり、むちむち、みちみち・・・、
お、重いです。




私、自家製酵母でパンを作ると、
すっごーーーくふくらみの悪い、重いパンになります(涙)。

酵母はぶくぶく元気に起きたように思うんですが、
1次発酵の時、パン生地が思うようにふくらみません。

元種もなかなか、かさが増えません。
なんでなんだろう????

自家製酵母の香りが好きなので、
上手く焼けるようになりたいんだけどな。





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-09-16 08:50 | ぱん | Comments(16)

山食!左右均等に伸びてほしい、この焼き方、どうかな?

山食、焼きました。

a0165538_9202647.jpg




オーブンに向かって左ばかり伸びるんです。
左から熱がぐわ~っと当たってるんでしょうかね?



アドバイスをいただき、実践してみました。



ワンローフタイプの1斤型。

粉は総量250g。

加水は66%。

砂糖と油脂は、ごく少量の、リーンなハードタイプ。




このくらいになったら、焼成に入ります!
a0165538_9225657.jpg





オーブン付属の天板を使用。

過熱水蒸気(スチーム+オーブン)で250℃に予熱。

生地には霧吹き。

予熱完了後、庫内に生地を入れたら、スタートを押さずに3分放置(待機)。

その後、スチームは出さずに、オーブン機能190℃で焼きます。

20分後、温度を200℃に上げ、型の前後入れ替えを行い、さらに5分焼きます。

蒸らし3分、焼成合計25分。





で、結果は・・・・・、

はい、こちら、左側~。 ↓ おおおー、よいね、よいね。
a0165538_930098.jpg



そんでもって、こちらが右側~。 ↓ あらら・・・・・。ちーん(^^;)
a0165538_9303867.jpg



むむむ。
この焼き方でも、右がおとなしい。んん~。

ふと思いました。
型をオーブンに入れた後、スタートを押さずに待機させたままだったんですが、
これって、きっと温度をキープするだけの熱は出てるんでしょうねぇ?
オフにすれば、もうちょっと効果あったかも?


色は全体的に白い。
私はもっと、ガッツリ、こんがりが好き。
でも、砂糖も油脂も極少なので、仕方ないのかなぁ?



左右均等に伸びてくれ~(^^;)



で、スライス~♪
a0165538_9393933.jpg



塩味の、さくさくハードトースト。
むふふ、おいしい(^^)
これだけ自分好みの味の、美味しい食パンが焼けるのだから、
窯伸び、もう、どうでもいっか、と思えてくる私は、甘すぎーっ!



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-09-14 09:44 | ぱん | Comments(14)

石窯ドームでメロンパンっ!

またまた、間があきました(^^;)

石窯ドーム、使用感レポ!いきますよ~。



今回は「メロンパンコース」を使ってみました。


a0165538_951141.jpg



レシピはどれで作ろう?
やはり、メロンパンコースを駆使して作るのだから、
最初はオーブンの取説が指定している分量でいこう。

ということで、取説記載のレシピで作りました。



どれどれ、ビス生地にベーキングパウダー?そんなの入れるの?
却下っ!(笑)

メロンリキュール?私はメロンパンにメロンの香りは求めません。
これも却下っ!(^^;)代わりの水分として牛乳を使いました。


パン生地は・・・、
あ~、卵が入るんですね、私、あんまり卵は入れないんですが、
まぁ、今回は入れましょう。

イーストが!なんと!2.4%も!!!
勝手に1%に変えました。




結局、あれこれいじって、元のレシピから少し離れちゃったかな?(^^;)
でも、粉の総量は同じだし、生地玉ひとつの重さ、生地玉の数は
レシピ通りなので、標準コースで焼けるはず。



パン生地は油脂も多め、卵、牛乳が入る、やわらかい生地。
でもべちょべちょしていません。扱いやすい。



私、ビス生地で包むの、ヘタです~。
こんなふうに、下部にひだひだが・・・。 ↓
a0165538_91528.jpg



薄くのばした、平らなビス生地、
まぁるいパン生地にかぶせたら、どうしても裾にはひだが寄りませんか?
みなさん、どうやってるんだろう?
パン生地、こんもりと、まる過ぎるのかな。


全部を成形し終わったところ。全部で5個。 ↓
a0165538_9172272.jpg


オーブンシートがグダグダなのは、スルーでお願いしますよ(^^;)
筋をつけないメロンパンが好きなので、模様はナシ。




ホイロが済んだところ・・・。あらら????
割れてるっ!欠けてるっ!剥がれ落ちてるっ!えええー!?
a0165538_9193944.jpg

膨らんでいくパン生地に、ビス生地がついていけなかったよう。
割れて、剥がれてます~。



こちらはずり上がってしまって、ヅラ~~~(^^;)
a0165538_921872.jpg




顔、描いてみる?(笑)
a0165538_9255176.jpg





あー、もう、これなんか、中央から裂けてるし~。どよよ~ん。
a0165538_9302437.jpg





さて、焼成。

オーブン付属の天板を使用します。

メロンパンコース、驚いたことに、天板だけを先に予熱する、と書いてあります。
ハード系みたいですね。メロンパンに、ガッツリ下火が必要なんでしょうか?

レシピ通りに、何ものせていない天板を入れてから
メロンパンコースで予熱開始。

予熱完了まで3分20秒。早っ!


予熱完了のブザーが鳴ったら、天板を取り出して、
オーブンシートごと、滑らせて生地をのせます。
庫内に戻して、スタート。

焼成時間は、自動で12分30秒に設定されました。

前後入れ替えはナシ。



ん?
残り、1分30秒当たりで、オーブンの音が静かになった!
どうして???何してるの?
壊れたかっ!?


動揺してるうちに、焼成完了。

a0165538_9361073.jpg




全体的に、色白さんの焼き上がり。
メロンパンの焼き色は好みが分かれるところですが、
私はこんがりさんが好き。
もうちょっと焼きたかったけれど、今回はこれでやめてみました。




剥がれ落ちたビス生地は、ぺたっとくっつけたんですが、やっぱり落ちてる!
a0165538_9382399.jpg



a0165538_9391231.jpg



食べてみましたが、ビス生地が少し粉っぽい。
レシピのせいなのか、いやいや、焼成が足りなかったかも。
生っぽい状態ではないんですが、風味に「粉」を感じました。

焼成の最後で、オーブンが急に静かになったの、関係あるのかな。
東芝さんに訊いてみようと思います。


なんだか思うように焼けなかったメロンでした。
リベンジします。






にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-09-09 09:46 | ぱん | Comments(10)

角食!この後、食パン型を洗ってみました♪

前回、使った型とは違う方の食パン型で
角食を焼きました。
a0165538_1135254.jpg



一応、一斤型ということなのですが、やたら長い(^^;

普段は、粉量250gで作っていましたが、増やしてみることに。

粉、総量300gでいきまーす。



ちょっと・・・・多すぎた感が否めない(^^;



横に長いので、3分割にしました。くるくるくる~♪
a0165538_1138330.jpg




スライス~♪
a0165538_1138294.jpg







型の大きさ。

以前使っていたもの、194×97×H96 →今は壊れて、使用不可能

現在使用、ワンローフタイプ、184×95×H90

現在使用、ロングタイプ(今回はこれ)、214×95×H90


です。

今回使った型は、短い方の、ワンローフタイプより3センチも長んです。
たった3センチですけれど、容量はかなり違います。
食べごたえもあります~(笑)。

ロングタイプの1斤型で焼いたこの角食、見た目も長いな~って感じます。
スライスも、1枚多くとれて、お得?(笑)





焼成後、ほんの少し洗剤をつけて、洗いました。
水気は拭き取って、まだ熱いオーブンの庫内へ入れ、余熱で乾かしました。

すると、数日たっても、気になった油の酸化したようなにおい、
感じませんでした。
型を洗わずに拭くだけで管理することは、
錆び防止、くっつき予防のため、と思っていたけど、今度から洗おうかなぁ?







にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-09-08 12:06 | ぱん | Comments(18)