2017年 12月 14日 ( 1 )

【レシピ】「中種法で作る、しっとりシュトーレン」

a0165538_09532024.jpg
「中種法で作る、しっとりシュトーレン」!

先日から何度も試作をしまくって、
しっとりして、美味しいシュトーレンのレシピを起こしました。
(今日は画像多いです~。あ、いつもか!?)


レシピはこちらです。↓

今回は、うめはらのシュトーレンミックスフルーツを使用。
マジパンは生地に練り込むタイプのレシピです。

チョコや抹茶などのアレンジシュトーレンが流行る中、
オーソドックスで奇をてらわない、
いわゆる「普通」のシュトーレンですけれど、
しっとりして、とってもおいしいレシピになりました。


ナッツは、アーモンドをローストして使います。 ↓
a0165538_09554605.jpg
ワタシはいつも、ナッツ類は、開封したら一気にローストします。
その後、冷凍保存~。毎回、少量を焼くより、効率的。



中種の、発酵前と発酵後。↓
a0165538_10331611.jpg
ボソボソしてても大丈夫です。



シナモンなどのスパイスは、発酵を遅らせる作用があるので、
ドライフルーツに混ぜ込んでおきます。↓
a0165538_09581150.jpg
本捏ねは、一般的なパンの作り方とは違います。
まずはバターのクリーミング。
バターと砂糖を、手でグリグリ混ぜて、
そのあと、マジパンや、卵黄、粉類を合わせていきます。
泡だて器だと、マジパンがうまく混ざらないので、
手で混ぜるのがイイと思います~。


中種をちぎって入れて、生地をこねます~。↓
a0165538_09561727.jpg
ベタベタですけど、がんばってこねると、ちゃんとまとまります。
フルーツをこねて入れ、発酵を取ります。


成形~。ここでも、オーソドックスな形で~。↓
a0165538_09562371.jpg
生地が折れないように、
パタンと折る前に、めん棒で筋を付けるのをお忘れなく~。


焼けたら、バターを塗りたくる~。↓
a0165538_09562810.jpg
以前は、すましバターを作って、上澄みを塗っていましたが、
ここでは塊のバターを熱いうちにこすりつけて。
底面や側面を塗る時は、
生地が折れないように、気を付けて持ち上げてください。



細目グラニュー糖をまぶして1日おき、
翌日、なかない粉糖~。↓
a0165538_09570054.jpg
溶けない粉糖は、おいしさの面で、
普通の砂糖にはかないません。
ふたつの砂糖を使い分けるのは、
おいしさと美しさのためです。



ラッピングは透明のOPPで。
中身が見えると、なんだか、わくわくしますよね~。↓
a0165538_09572633.jpg
レシピでは、ラッピングも紹介しています。
裏表があるリボンの、裏が出ない結び方を、
詳しい写真入りで載せていますので、参考になさってください。



試作で、大量にできたシュトーレン、
さすがに全部食べるわけにはいかないので、
配りまくっていますよ~。



半分に切って、ハーフにしました。↓
a0165538_10211229.jpg
半分だなんて、ケチくさい?(笑)
でも、断面が見えると、ラッピング的にはイイですよね~。


さーて。
材料がまだあるので、シュトーレン、まだまだ作るよ~。




今日も、見てくださって、ありがとうございます!

しっとりシュトーレンおいしそう~って思ったら
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


材料と道具とレシピはこちらで。↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓


こちらでピックしていただきました!↓
a0165538_10180083.jpg







[PR]
by takacoco7 | 2017-12-14 13:38 | お菓子・ジャム | Comments(4)