2010年 10月 08日 ( 1 )

自家製紅玉酵母で「クランベリーとくるみのずんぐりパン」♪

ぼっこぼこ~、勢い炸裂の「紅玉酵母@Ameliaさん」。

これで元種を仕込み、パンを焼きました。

パンのレシピは、fumiさんの「自家製酵母のパンとお菓子の本」より。

元種は、坂本りかさん、フジナミチハルさん、林登代子さん著、
自家製天然酵母のおうちパン」を参考にして作りました。
この本の元種は、酵母液と合わせる粉の割合が多く、かためです。


元種に水分が少ないので、パンのレシピの水分量を増やしました。



焼き上がったパンは、こちら~。 ↓
a0165538_910628.jpg




全粒粉は省略し、リスドオルのみで作りました。
甘酸っぱいクランベリー、大好きです♪
くるみの香ばしさと、とっても合うんですよね(^^)


普段は自家製酵母のパンも、イーストパンも、HBでこねています。
何かの本で、自家製酵母のパンは、機械でこねすぎるとダレる、と読んだので、
最近は、10分ほど回したところで止めていますが、どうなんでしょうね?
あんまり変わらない気もしますが。



夜11時に1次発酵、開始。
室温26℃くらいで、朝5時起床。放置時間は6時間。
ありゃー、ちょっと過発酵!?

今まで、12時間以上おいても膨らまず、過発酵なんてものとは縁遠かったのに、
これはうれしい(?)慌ただしさです(^^;)


本の通りに成形。

ホイロは、石窯ドームの「スチーム発酵」(40℃)を3分付けて、
そのあとスイッチオフ。庫内で放置して、合計60分くらい。


焼成は、
石窯ドームの、ハイブリッド石窯機能を使ってみました。

銅板使用。
ハイブリッド石窯250℃に予熱、
霧吹きをして、生地を入れたら、230℃に下げて5分。
そのあと、オーブン機能に切り替えて、230℃で7分。
焼成時間は合計12分。



石窯ドームのスチーム焼成は、
過熱水蒸気機能と、ハイブリッド石窯機能がありますが、
うーむ、違いがあまり分かりません。
取説を読んでも、ハイブリッドの方が、より高加熱、とあるだけで、
具体的に何がどう違うのか、なぞです~。




はい、スライス~♪ ↓
a0165538_9252722.jpg

薄い、赤茶色のクラムが美味しそう(^^)




クラストはパリッとしていて、クラムはふんわり♪
今までの自家製酵母パンはずっしりみちみち重かったけれど、
これは軽いです(^^)
嬉しい~♪



起こした酵母液がモリモリ元気だと、元種も、もこもこ元気、
そしてパンもふっくらと焼けるんですね。
みなさんが楽しんでいらっしゃる自家製酵母のパン、
初めて満足いくパンになったように思います。
う、うれしい♪



・・・・・・・・




枯れてしまったと思っていた、昨年のガーデンシクラメン。
この酷暑を乗り切り、夏越ししました。

アドバイスを受けて、植え替えしましたよ。(だいぶん前に・・・笑)



9月22日の葉っぱは、こんなに小さかったのに、 ↓
a0165538_935152.jpg





10月6日のシクラメンさん、こんなふう。↓
a0165538_9355617.jpg



見えないけれど、手前側にも葉っぱの赤ちゃんが、こちょこちょと出てきています。


寄せ植えだったのをばらして、シクラメン単体で植えつけ。
土も水はけのよいものに入れ替えました。

園芸店では、もう開花しているガーデンシクラメンを見かけますが、
休眠後に活動を始めたものは、開花も遅い。
えぇ、でも、いいんです、遅くても。
ゆっくり、ゆっくり、大きくなってくれれば。
寒さが強まる頃には、お花、咲かせてくれるといいなぁ♪





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
ランキングに参加しています。
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
応援よろしくお願いします。
[PR]
by takacoco7 | 2010-10-08 09:44 | ぱん | Comments(20)