【レシピ】冷凍フルーツで!アプリコットジャム

a0165538_09101030.jpg

「冷凍フルーツで!アプリコットジャム」!
レシピをひとつ、アップしました。↓

アプリコット?あんず?どっちが馴染みがあるかしら。

あんずジャムは、パンやヨーグルトに添えるだけじゃなく、
お菓子のつや出しに塗ることもありますね。
旬の時期がとても短く、
ワタシの住む地域では、生のあんずをあまり見かけないので、
手軽に入手できる冷凍のアプリコットでジャムを作ってみました。(*´▽`*)

フルーツのジャムって、加熱する前の下準備に手間がかかりますが、
冷凍フルーツなら切るだけなので、簡単~。



切れるくらいに解凍したら、ナイフでカットし、
水を入れて、加熱開始。↓
a0165538_09125779.jpg
あんずは、ペクチンが多いフルーツです。
水なしで煮込むと、果肉が柔らかくなる前に、
ゼリー化して固まり、焦げてしまいます。

ジャムに水~!?と思われるかもしれませんが、
水が煮詰まるころに、イイ感じにやわらかくなりますから、
そのあと、砂糖を加えて、サッと煮ますよ。

アクがたくさん出るので、丁寧に取り除きます。↓
a0165538_09143962.jpg
砂糖を加えたら、あまり長く加熱しません。
右の写真、まだサラ~っとしてそうな、こんな状態で、
火を止めます。
冷めると結構、濃度がつくので、
もうちょっと煮詰める?と不安だけど、
勇気を出して、火を止めましょう~(笑)。

とろみがつくまで煮込んだら、
冷めた時に固まってしまいますよ。(ノД`)・゜・。



このレシピで、ジャム瓶3本、ちょうど。↓
a0165538_09145719.jpg
このブログに何度も登場している、このジャム瓶
ジャムの保存に、ピッタリなんです。
声を大にして言いたい!叫びたい!(笑)すんごくオススメ。↓

ふたは、ゴールドと白の2種。別売りになっています。
容量110mlで、ちょっと小さめ。
小さめサイズって、利点がたくさんあるんですよ。

手作りジャムは、開封したら、
なるべく早く食べきった方がいいです。

大きな瓶にドーンと保存してしまったら、
食べきる前にカビたりして、傷むことも。

小さく、たくさんに小分けして、ちょこちょこ開封しましょう。


季節のフルーツで、いろんなジャム、作りたいですよね~。↓
a0165538_09161719.jpg
左から、すもも、あんず、いちじく、いちご、柚子。



たくさん出来たら、おすそ分けしたい~。↓
a0165538_09174319.jpg
小さなサイズなら、負担なく受け取ってもらえますね。



小さくて可愛いので、ワタシはスパイス入れとしても使っています。↓
a0165538_09155717.jpg



この瓶のいいところ、もうひとつ。

一般的な瓶には、口の部分に肩があり、
ここに最後のジャムがたまって、
スプーンでキレイに掻き出せない~。↓
a0165538_09395913.jpg
どうでもいい、小さなコトなんだけど、
プチストレスなんですよ、少し残っちゃうのって。


さぁ、アプリコットジャム、食べよう~!↓
a0165538_09101589.jpg
あまじゅっぱくて、美味しい~!(´▽`*)
砂糖の量が多いけど、あんずは酸味が強いので、
これくらい砂糖を入れても大丈夫!
怯まず、入れてください!(・´з`・)



りんごのシーズンですね。
こんなレシピも。↓



今日も、見てくださって、ありがとうございます!

アプリコットジャムおいしそう~って思ったら、
クリックして応援してくださいませ♪    
    ↓

にほんブログ村
上の小鳥さんをクリックするとランクが上がる仕組みです。
ポチッと押して、見てるよ~の応援、よろしくお願いします。


材料と道具とレシピはこちらで。↓
a0165538_09360747.jpg







こちらも、ワンクリックの応援お願いします。
    ↓


a0165538_10064878.jpg




[PR]
by takacoco7 | 2017-10-28 10:19 | お菓子・ジャム | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 硬くない!くるみとチョコのビス... パン教室で酒種仕込みの「ミルク... >>